Nvidiaの自動運転車用AIコンピューターPX 2がさらに小型化省エネ化

次の記事

Apple、watchOS 3も公開。ここが新しくなった

Nvidiaが、同社の自動運転コンピューティングのための車載プラットホームDRIVE PX 2の、新しい構成を今日(米国時間9/13)披露した。電力効率が大幅に改善され、サイズも今年初めのCESで紹介された最初の製品より小さい。この新しいシングルコアの構成を、Baiduが同社の自動運転車に使う。NvidiaとBaiduはこの前パートナーシップを発表し、完全な“クラウドから車への”自動運転車を作ることになっている。

AIコンピューターPX 2はDRIVE PXの第二世代で、こちらはNvidiaによるとすでに多くのOEMや研究機関などのパートナーが使っている。このコンピューターは、自動運転車のモニタリングシステムからの視覚データとセンサーデータを自分自身でリアルタイムに処理できる。強力なリモートサーバーに接続していない自動運転車では、このような計算の自律性がきわめて重要だ。

PX 2は、車のメーカーや研究者のニーズに応じて、手のひらサイズのシングルコアから、マルチコア/マルチGPUの構成までスケールでき、複数のPX 2が一台の車の上で協働することもできる。単体のPX 2が、車載のカメラとセンサーからの入力を使ってAutoCruiseやHDの地図表示などの機能を提供できる。

この新しいSoCは、クライアント間におけるPX 2に対する期待をさらに大きく拡大するだろう。物理サイズと電力消費量の削減は、電気自動車のメーカーにもアピールするものと思われる。エネルギー効率の高いゼロエミッションカーを作ることは、車重の削減や電力の低消費化と表裏一体だ。個々のパーツの節約量が微々たるものでも、一台の車におけるその累積効果は無視できない。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))