資産運用の「お金のデザイン」が総額8.1億円を調達、サービス向上に加え業務提携によるビジネス拡大も

次の記事

iOS 10アップデートで一部のiPhone/iPadが文鎮化【解決済み】

ロボアドバイザーによる資産運用サービス「THEO(テオ)」を提供する「お金のデザイン」は9月13日、総額約8.1億円の第三者割当増資の実施を発表した。引受先はちばぎんキャピタル株式会社、静岡キャピタル株式会社、株式会社ふくおかテクノロジーパートナーズ、株式会社丸井グループ、株式会社ベネフィット・ワン、東京短資株式会社ほかの各社で、2013年8月の創業時からの累積調達額は今回を含めると25億円超となる。

2016年2月に一般向けにも公開されたTHEOは、独自アルゴリズムに基づいたロボアドバイザーが資産を自動的に運用してくれる、個人顧客を対象にした資産運用サービス。年齢や投資経験、リスクに対する考え方など、9つの質問に回答することで、世界の約6000のETFの中から約40種類のETFを組み合わせ、ユーザーの嗜好性に応じたポートフォリオが作成される。PCのほかスマホだけでも手続きが完結し、最小10万円、運用手数料1%(年率)でグローバル資産運用が始められる。

THEOが提案するポートフォリオとシミュレーション

お金のデザインによると、今回の資金調達は、強い顧客基盤を持つ金融機関や事業会社との資本業務提携によるビジネス推進が目的とのこと。新規調達によるTHEOのサービス向上、新規顧客層の開拓に加え、金融機関向けOEMモデルの開発強化や個人向け確定拠出年金(日本版401k)へのビジネス展開も進めるとしている。