ESP
Alexa
自然言語処理

Amazonのネット接続スピーカーEcho Dotが、50ドルになって帰ってきた

次の記事

コンピューターとの対話はマルチモーダルへと向かう

すでにそれがやってくることは知っていた – Amazonが今週の初めにうっかり投稿したTweetのおかげで。しかし、ついに公式に発表された:Amazonのネット接続スピーカーEcho Dotが49.99ドルという低価格で戻ってきた。このAlexa(Amazonの自然言語UI)を搭載したデバイスは、より大きなAmazon Echoの中にあるものと、ほとんど同じ機能を提供する。Amazonの音声ベースアシスタントを通して、音楽を再生したり、ニュースを聞いたり、天気をチェックしたり、照明を点けたり、タイマーをセットしたり、アプリを使ったり、その他のことを行うことができる。

Echo Tapと一緒に今年3月に一度発表されたEcho Dotは、ネット接続スピーカーのEchoファミリーをより低価格で提供しようとするAmazonの最初の試みだった。

Dotが生まれた理由は、多くのAmazonの顧客が自分自身のスピーカーとEchoに接続したいと問い合わせをしてきたからである ‐ そうすれば、自宅のホームエンターテイメントシステムを声で制御できるようになるし、Alexaへの話しかけにも用いることができる。

このデバイスは、Bluetoothまたは3.5ミリ径のステレオプラグを介してあなたのエンターテイメントシステムに接続することができ、そして声を使ってAmazon Music、Prime Music、Pandora、Spotify、iHeartRadio、iTunesその他の音楽を再生することができる。

それに加えてDotの大きな利点は、複数のデバイスを買って家中に置いておき、Alexaが身近のデバイスから反応するようにできるということだ。これは子供が叫んだり、テレビが鳴り響いたりしているような、落ち着きのない騒々しい家では有利に働く。近くに複数のスピーカーを持つことで、Alexaはあなたの声を良く聞くことができるようになる。

この機能は新しいDotでは更に改善されている、より高速なスピーチプロセッサと、ESP(Echo空間知覚)と呼ばれる機能のおかげだ。ESPは、どのDotが1番あなたに近くて、あなたの声に反応すべきなのかを、デバイス自身が決定するために役立つ。Amazonは、ESPの性能はこの先も向上していくとアナウンスしている。それによって複数のEchoデバイスが同時に応答するという問題も解決していく筈だ。

それ以外の点では、Echo Dotは大きなEchoに似通っている。Echoと同様に7つのマイクアレイを内蔵し、Echoがサポートする全てのスマートホームデバイスをコントロールする。

以前の89.99ドルという価格では、Dotは悩まずに買えるといったものとは言えなかった。そして2つ以上の購入を考えた場合、予算を気にする買い手を躊躇わせるものがあった。

50ドルなら、価格の心配は少なくなる。

Amazonはまた、バルクで購入することを奨励するために、Dotの割引パックを用意している。あなたが6台のパックを購入した場合には、実質的に5台分の価格で1台を無料で手に入れることになる。一方、12台パックを購入した場合には、2台分が無料だ。

Dotはまた、あなたの家の装飾により良くマッチするように黒と白の2色が用意されている。デザインも新しく、よりコンパクトになったとAmazonは言っている。Echoにも同様に、新たに白が用意された。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)