留学
英語学習

留学口コミメディアのスクールウィズがQ&Aサービスを公開、今後は相談内容に応じた学校紹介も

次の記事

Disrupt SF 2016「Battlefield」勝者はeスポーツゲーマーのコーチングサービス

留学口コミメディアを運営するスクールウィズは2016年9月15日、留学のQ&Aサービス「留学アンサーズ」アルファ版をリリースした。

スクールウィズは2013年に留学口コミメディア「School With」を開始。語学学校を探すための基本情報と口コミが閲覧できるプラットフォームを提供してきた。現在では8カ国、1113校の語学学校の情報掲載。3000人分以上の口コミ情報が掲載されており、MAU(月間アクティブユーザー)は11万人以上。サービスを利用して留学に行く人数は年間で1000人以上に上る。

一方、学校情報や口コミでは解決できない留学についての悩み、疑問をかかえるユーザーが多いとを感じていたことから、より幅の広い「留学関連の情報」を届けるために留学アンサーズをリリースしたという。

スクールウィズ代表取締役の太田英基氏は「創業当初からアイデアはあったが、開発リソースの問題もあり、着手できていなかった。 今年の春、開発の方向性や事業の展開を話し合っていたときに学校の情報、口コミの情報だけに限らず留学の情報を提供していきたいという話になり、留学アンサーズ開発の準備を開始した。7月からプランニング、8月から開発というスケジュールで進めてきた」と語る。

リリース当初は質問や回答の投稿およびその閲覧という最低限の機能のみが実装されている。投稿にはユーザー登録が必要だが、閲覧だけならユーザー登録の必要はない。またデータベース自体は留学口コミサイトSchool Withと同じものを使用する。

School Withは英語留学の情報に限られている一方で、留学アンサーズは英語以外の語学留学の情報も投稿・閲覧できる点が特徴だ。利用料金は無料。今後はSchool Withとの連携を強化し、相談内容に応じた学校の紹介や、留学後のキャリア形成支援などのサービスを行う予定だ。展開次第ではメディアとしての収益化を検討しているという。

今後は多国籍展開を目指す

スクールウィズは今後、日本人向けのサービスにとどまらず、海外と海外を結ぶようなサービスを展開していく。

「弊社は世界を舞台にする人が当たり前になる、というビジョンを掲げており、基本的にはすべてのサービスがそのビジョンを実現するためのもの。ビジョンを実現させるためにも、今年はNihonGo!のような、多国籍なユーザーに対するサービス提供に注力していきたいと考えている」(太田氏)

sw02

2016年8月には同社初の国外ユーザー向けサービスである、日本語学校の口コミサイト「NihonGo!」を開始。主力サービスであるSchool Withの他言語展開の前段として、このサービスの運営を通して国外展開のノウハウを蓄積する。他言語化、多国籍化を通じて、海外に対しての課題解決を行う。

現在スクールウィズの従業員は20人。開発、セールス&CS、マーケティング&事業開発の従業員がそれぞれ3分の1ずついる。今後は国内での留学文化を浸透させるためのPRスタッフ、団体・法人への留学研修を支援する法人営業、各プロダクトの開発を担うエンジニアを採用していく。