Amazon Echoを買った人は、Amazonでの出費が増える(NPD調べ)

次の記事

Galaxy Note 7のリコール案を米消費者製品安全委員会が承認―代替品交換は9/21から

Echoの目的は ― 少なくともその一つは ― Amazonの売上を伸ばすためだと誰もが思っていた。そして、NPD Groupの最新調査によると、まさにその通りのことが起きている。調査の結果、Echoを持っている人は、この音声入力対応スマートスピーカーを購入した後、以前よりも10%程度多くAmazonで買い物をしている。

NPD Groupが同社の購入追跡システム、Checkout Trackingのデータを元に顧客の購入状況を分析したところ、Echo所有者全体のAmazon.comでの購入回数が、Echo発売前と比べて6%増加していることもわかった。

調査データはEcho発売以来の全期間が対象だが、それが2年間に渡ることに驚かされた(ずっと短いと感じていた)。NPDによるとEcho所有者はデバイスを購入後、オンライン支出の約半分をAmazon.comで消費していることもわかった。

Echoの出荷台数が限られていることを踏まえると、これは他の小売業者にとってさほど大きいことではない ― NPDはこれまでに1600万台が販売されたと推定している。しかし、長期的にはAmazonにとって非常に良い傾向であり、普及版のEcho Dotを当初予定より低価格で発売する上でも明るい話題だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook