Appleは、最高のバッテリー節約ハックを潰した

次の記事

スマート素材はどのように世界を作り変えるのか

iOS 10には良いところが山ほどあるあなたのiPhoneやiPadが文鎮にならなければの話だが。しかし、最も巧妙な ― そして最も知られていない ― バッテリー節約ハックを、Appleが秘かに葬っていたことはおそらくご存じないだろう。

私と同じように、iPhoneのバッテリーからできる限りパワーを絞り取りたいと思っている人なら、位置情報/GPSをオフにしているだろう。これはBluetoothやWiFiの使用を減らすことと並んで、Appleをよく知る人たちが認めるバッテリー節約術の一つなのだが、いら立たしくもある。GoogleマップやYelp等で実際にGPSが必要になるたびに、設定アプリの「位置情報サービス」に行かなくてはならいのはひどく面倒だ。しかも、WiFiやBluetoothと異なり、上にスワイプするだけで出てくるコントロールパネルからは設定ができない。

そこに登場したのが、ブルダウンの「通知センター」にアプリのショートカットを忍び込ませるアプリ、Launcherだ。

これはアプリだけでなく、システム設定でGPSのオンオフをする「位置情報サービス」等の設定メニューも起動できる。下にスワイプするだけでGPS設定をオフにできればかなりのバッテリー節約になる。

ところが残念なことに、iOS 10ではランチャーアプリ内でシステム設定項目を扱うことができなくなったために、この優れたバッテリーハックはもはや存在しない。

「AppleはiOS 10の最終公開予定版でこの機能を復活させなかったため、システム設定項目を起動することはできない。これは大変残念なことだが、Appleが将来iOS 10をアップデートしてこの機能を復活する可能性は残っている」と、Launcherを開発したCromulent Labsが自社のブログで説明した

「どれほど多くのユーザーがこの機能に頼っているかAppleは知らないのだろう」と同社は語り、影響を受けた人々に対して、このiPhoneメーカーに復活を求めるフィードバックを送るよう働きかけている。

それでもLauncherや、Launch Center ProWorkflow等のサービスは、iPhoneやiPadの生産性を高める優れたアプリなので、マルチタスキングを活用する人には一見することをお薦めする。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook