Facebookが新たなコードでAdblock Plusにさらなる反撃

次の記事

Frame.ioがシリーズAで1000万ドルを調達、Jared LetoやKevin Spaceyも出資に参加

クラウドソースで集まったAdblock Plusのハッカー軍は、Facebookが誇る統制の取れたエンジニア軍に追いつけていないようだ。

Facebookが、広告ブロッカーへの対応策をはじめて発表してから2日後に、Adblock Plus(ABP)はその回避方法を考えだし、「私たちは、オープンソースコミュニティを通してすぐに解決策をみつけると約束していました。私たちのコミュニティは、Facebookのような巨大企業にさえ勝っているようです」と豪語していた。

しかし、FacebookがABPの最新広告回避方法への対応策を実装してからすでに1ヶ月が経ち、Facebookの広告は、依然ユーザーのもとへ届けられている。ブラウザーのエクステンションとして提供されているABPが、最終的にスクリーン上に現れる情報を決めているにも関わらず、Facebookは送信するコードを完全にコントロールしていることから、ABPのフィルター開発が間に合っていないのだ。

abp-ben-williams

Adblock Plusのコミュニケーション担当マネージャーBen Williams

ABPの親会社であるEyeoで、コミュニケーション・オペレーション担当マネージャーを務めるBen Williamsも、Facebookと戦いを続けるには、もっと深い研究やソフトの大幅な変更が必要になると認めている。「要するに、Facebookは広告の表層に見られた識別子を全て取り除いてしまったんです」と彼は語り、将来的にユーザーがFacebookの広告とコンテンツを見分けられなくなってしまう恐れについても触れていた。

Williamsは、このような事態がおきることをABPが予期していたと主張する。「Facebookのような企業であればプレイブックを準備している、という前提に立たなければいけません。これまでに起きたことは、ほぼ私たちの予想通りでした」

この発言は、1ヶ月前に公開されたブログポスト上でWilliamsが見せていた、自信溢れる言葉とは対照的だ。ブログの中で彼は、「ユーザーの皆さんに覚えておいて欲しいのが、誰も止めることのできない巨大なコミュニティが私たちのそばにいるということです」そして「もしも、Facebookがまた対応策をみつけたとしても、私はオープンソースコミュニティから、また新たな回避方法が生み出されると確信しています」と記していたのだ。

adblock-generalそして現在、ABPはFacebookに反撃するのには時間がかかると言っている。「私たちはソフトウェアに変更を加えなければならず、細心の注意を払って取り組んでいます。テストも必要になってくるでしょう」。さらにWilliamsは、Facebookが広告コードの親要素を取り去ってしまったものの、「現在、子要素にもとづいて広告をブロックする技術を開発中で、完成にはあと数週間かかると思います」と語る。

その間に、ABPはAcceptable Ads Platformと呼ばれる広告プラットフォームをローンチした。このサービスを利用することで、ウェブサイトの運営会社は、広告料の6%を同社に支払うことで、ABPをブラウザーエクステンションとして利用している9000万人ものユーザーに対して、プライバシーの保護された広告を表示することができる。1クォーターで20億ドルの利益を稼ぎ出す、Facebookのような巨大テック企業とAdblock Plusが戦い続けたいと考えているならば、この収入はとても重要になってくるだろう。

原文へ

(翻訳:Atsushi Yukutake/ Twitter