共感マシン
スマート家電

無線を使ってあなたの感情を検知するMITのデバイス

次の記事

北朝鮮の不注意ですべての.KPドメインのURLがリーク、それらは多くなかった

写真による手がかりは、MicrosoftのエモーションAPIのようなシステムが高い精度で人間の感情を検出するのに役立っているが、MITのコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAL)の新しい研究プロジェクトは、無線信号だけを使用して、より精度の高い感情の解釈を行うことができる。CSAILの研究者は、EQ-Radioという名前のデバイスを作成した。このデバイスは興奮、悲しみ、怒り、喜びをいった感情をこれまでのところ87%の精度で検出することができている。

呼吸パターンと心臓のリズムを含む微妙な手がかりを被験者から検出しているとしても、身体に装着したセンサーが全く不要であるという点で、この研究は重要なものである。ユーザーが何かを着用することを要求せず、カメラベースの顔面認識ソフトウェアが陥る精度の落とし穴を回避していることで、開発者たちはこのテクノロジーが、製品に感情インテリジェンスを組み込む方法を探している企業にとって理想的なものになると考えている。

EQ-Radioの開発を主導しているMIT教授Dina Katabiは、エンターテイメントや消費者向け広告、そしてヘルスケア業種全体でこの技術が様々に応用できることを予想している。例えば、広告や番組に対する視聴者のより正確な反応を見るためにスマートTVで利用したり、スマートハブに組み込んで接続された家の中のステレオや照明を制御し、あなたの感情をなだめたり盛り上げたりといった動作を行わせることもできる。

ヘルスケアへの応用は、ほぼ無限のように思える;研究チームはまた、抑うつや不安といった強い感情的成分を伴う状態をモニターしたり診断する助けになることも考えている。しかし、また容易に想像できるように、他の人の感情状態を見抜くことが難しい状況に適用することによって、日々の暮らしの中でどのように振る舞えばよいかに対する良い手がかりを与えてもくれる。

人の個々の感情の状態を推測しようするする前に、システムは個人の感情に対する訓練を行う、そして5つのセッションの中で、被験者が音楽やビデオによって感情を引き起こされた場所を認識アルゴリズムの設定の手がかりとして与えている。

Katabi教授のスピンオフ企業であるEmeraldでは、高齢者の転倒を検知し予測するデバイスを提供しているが、将来はこの感情検知ソフトウェアを利用することになると、教授は語った。しかし、家電の世界での可能性の方が遥かに大きいものになるだろう ‐ あなたがどう感じているかが分かり、コンテンツや、コミュニケーション、あるいはアプリをそれに沿って提案してくれるスマートフォンのことを想像してみて欲しい。スマートデバイスは既に現実だが、未来には共感マシンが待ち構えているかもしれない。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)