イーロン・マスク、10月28日のTeslaとSolarCityの共同イベントを予告

次の記事

Apple、韓国でAppleストア候補地を探索中か

Elon Muskがまたまた世間の期待を膨らませている。TeslaのCEO・ファウンダーは、10月28日にベイエリアで、TeslaおよびSolarCityの新しいソーラールーフ製品を披露することを発表した。後者はTeslaの家庭用ソーラーバッテリー、PowerWallのバージョン2.0、およびTesla車用充電器と直結する。

ただしこれが、10月28日にお披露目が見られるという意味とは限らない。Muskは過去にもこの手の発表で期日を守れなかったことで知られている。しかし、SolarCityのソーラールーフ製品を近々見ることができるのは確かだ。以前Muskは、取締役会会長を務める同社の電話会見で同製品の存在をほのめかしていた。Powerballバージョン2.0の全貌を見るのもこれが初めてだ。こちらは今年5月のパリのイベントで、Muskが予告していた。

Teslaが見せたがっている、TeslaとSolarCity商品の統合は、関連会社である両社の自然なシナジー効果を示す以上の深い意味がある ― TeslaはSolarCityを買収する手続きを進めているのだ。しかし、同社は一部株主からの反対にあっており、複数の訴訟により契約が遅れる可能性もある。

しかし、合併はMuskの「マスタープラン:パート2」にとって重要だ。今年発表された将来へのビジョンには、Muskの家庭と輸送の排出ゼロ目標につながる完全自立型ソーラーエネルギーエコシステムの構想も入っている。システム全体がどのように融合し、潜在顧客にどんな価値をもたらすかを実演することは、TeslaとSolarCityの統合に対する反対の声を鎮める大きな力となるだろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook