スポーツ
zepp
Football
Soccer

選手の脚にセンサー群を貼り付けて試合中のライブデータを得るZepp Play Soccer

次の記事

「ライフサイエンス界のGoogle Docs」BenchlingがThrive Capitalなどから700万ドルを調達

徐々に、しかし確実に、Zepp Labsは、人類のすべてのスポーツに侵入しつつある。とくに、その最新のやつは大物だ。同社は明日(米国時間10/4)Zepp Play Soccerをアメリカで発売する(アメリカでは‘フットボール’というと別のスポーツ)。

この北カリフォルニアのスタートアップはこれまでにも、野球、ソフトボール、ゴルフ、テニスなどに挑戦しているが、今回のサッカー用の製品もそれらと類同で、一連のセンサーによって、ゲーム中の競技場で今起きていることをユーザーに伝える。それらは、距離、キック数、スプリント、最高速度、アクティビティ、ゴール成功率、などのデータだ。最後のゴール成功率は、シュート回数と、その成功回数の比だ。

センサーは、選手の利き足のすね当てに取り付けられる。情報の集め方は、プレー中のリアルタイムと、シーズン全体を通じてのチームデータの両方がある。情報が詳しいのは、後者だ。

このサッカーパックは明日、100ドルで発売される。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))