アプリ
メッセージング
アプリ内アプリ

iMessageに対応した既存アプリのダウンロード数が急上昇

次の記事

政府による大量のメールスキャンに協力したYahoo、大手テク企業はこぞって関与を否定

iOS 10はいまのところおよそ半分のiPhoneならびにiPadにインストールされたに過ぎないが、自社のモバイルアプリを新しいiMessage App Storeに対応させた開発者は、既に収益を挙げていることが、新しい調査で判明した。iMessageのためのサポートを追加した既存のアプリは、ダウンロードが目に見えて増えていて、JibJabなどの初期の対応者は最大のダウンロード増加を見せている。

iOS 10で、iMessageは単純なメッセージングであることをやめ、アプリのためのプラットフォームへと拡大した。そこには独自のApp Storeも含まれている。現在は新しいステッカーパック(スタンプ)とゲームがiMessage App Storeのトップチャートを席巻している。しかし既存のアプリもまた、iMessageとの相互運用を提供することによって、相当なダウンロード数増を果たしている。

アプリ情報会社のSensor Towerのデータによれば、アニメーションステッカー作成アプリのJibJab(2014年からiOS App Storeで提供されていた)は、驚くべき成長をiOS 10に公開以来続けている。

そのダウンロードの成長率は、iOS 10が公開された最初の週である9月12日の週に、1500パーセントを超えた。

IMessageがアプリ効果

この成長は、JibJabが新しいiMessage App Store内で、アップルによってフィーチャーされたという事実によるところが大きい。iMessageアプリが新しいものであることから、多くのモバイル消費者たちは、どのアプリを最初にダウンロードすべきかを判断する際に、アップルを信用する傾向にあるからだ。

このような事情はあるが、開始時にiMessageアプリを準備できていた他の既存のアプリのダウンロードも増加している。そうしたものの例として、ダウンロードが129%増加したTenor’s GIF Keyboard、108%増加したGeniusとGiphy、再び74%の増加を見たZynga’s Words with Friends、その他が挙げられる。

Zyngaのアプリはまた、 iMessageへの統合を提供した最初のゲームタイトルの1つでもある。そしてゲームはiMessage App Storeでの人気カテゴリであることが明らかになって来ている。現在は無料アプリのトップ10のうち4つがゲームだ。一方有料アプリの第10位はチェスゲームである。

新しいApp Storeの開始に伴って、iMessage対応アプリのダウンロードが大幅に増えたことは意外ではない、しかしこの成長がどこまで続くかはわからない。さらに、アプリの利用者を増やしたり、より深く関わって貰うためには、例えば単独のアプリを出すべきなのか、それともステッカーパックを出すべきなのかといった、どのアプローチが優れているのかの判断もまだ時期尚早だ。

注意しておきたいのは:Sensor Towerの調査は過去2ヶ月の間に、50000ダウンロードを超えた大規模なアプリだけに注目したものである。このためこのレポートは、これまでアプリが皆にあまり知られていなかった小規模の独立アプリ開発者が、ただiMessage対応を追加しただけでダウンロードが伸びることを必ずしも示すものではない。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)