新登場のGoogle Wifiはモジュラー式でカスタマイズ可能なホームネットワーク用ルーター

次の記事

シボレーの燃料電池式軍用トラック「ZH2」は、電源モジュール化のテストケース

Googleが今日「Wifi」について明らかにした。もちろんこれは我々がいつも使っている無線インターネットのことではなく、新しいハードウェア製品のことだ。Google Wifiはもっとかんたんに家中のあらゆるものを快適につなげることを目指した新しいタイプのルーターで、より堅ろうでより遠くまで届くホームネットワークを構築し、しかもより確かなパフォーマンスを提供する。

このWifiは、ASUSやTP-Linkの提供する既存のOnHub製品に、より安価に取って代わる存在だ。OnHubが通常200ドル前後するのに対してGoogle Wifiは129ドルと、AppleのAirport Expressと同じ価格帯だ。しかも3つまとめて買えばEeroルーターのセットよりも大幅に安い。AC1200転送速度など最新のワイヤレスネットワーキング技術や、設定も簡単でメッシュを張るのにも便利なBluetooth接続をフルにサポートするものとしては最も低価格な製品であることは間違いないだろう。

Network Assistがルーターのパフォーマンスを裏方となって最適化するが、ネットワークの状態を直接コントロールするには連携用のコンパニオンアプリを使う。

コスト的には、Wifiは追加ユニットを足して使うとお得になる。Googleは3個セットを299ドルで提供している。つまり、より大きな家などでワイヤレス環境が必要な場合でも、他社製の最高級ルーターを買うよりも安くて済むだろう。Google Wifiは12月に出荷予定だ。

google-2016-banner

原文へ

(翻訳:Ayako Teranishi / website