仮想デスクトップ
virtual machines

Y Combinatorを卒業したばかりのPaperspaceは仮想デスクトップという成熟市場にどうやって食い込むか

次の記事

ハンズオン:早速Google PixelとPixel XLを試してみた

PaperspaceのファウンダーDaniel KobranとDillon Erbは、ふつうのスタートアップなら避けて通りそうな難しい問題に挑戦している。彼らは、成熟市場である仮想デスクトップ市場をディスラプトしたいのだ。そこは、VMware, Citrix, Amazonなど、名の知れた巨人が支配する市場だ。しかしPaperspaceは今日(米国時間10/4)、シード資金にしては大きい400万ドルを獲得して、今後もその夢を追うつもりだ。なお今日は、彼らのプロダクトの一般公開も発表された。

このシードラウンドの投資家は、Ludlow Ventures, Data Collective, Initialized Capitalの三社。ほかに、Digital Oceanの協同ファウンダーJeff Carrなど、数名の個人投資家も参加した。

確立した市場への参入は、容易ではない。しかも仮想デスクトップは、Paperspaceの場合もそうだが、自前のデータセンターを持たなければならない場合が多い。しかしY Combinator2015冬季出身のKobranとErbは、そんなことではめげない。既存の競合製品をたくさん試した結果彼らは、どれもインストールとメンテナンスが難しすぎる、そして遅すぎて大きな仕事はできない、と結論した。

仮想デスクトップはユーザー企業の社員たちに、彼らが必要とするすべてのツールを、机上専有面積の小さなマシンから提供する。それらのデスクトップのコントロールとセキュリティと管理は、企業のIT部門が担当する。デスクトップのそういう一元管理は、金融、保健医療、教育など、規制の厳しい業界ではとくに重要だ。

Paperspaceは、そんな仮想デスクトップの概念をさらに一歩進めて、ブラウザー上で動き、どんなデバイスにもコンテンツをストリームするサービスを作り上げた。しかも、十分なセキュリティと管理性がありながら、それまでの仮想デスクトップ製品と違って、導入したらすぐに使える、簡単な製品に仕立てた。マシンをクローンしたり、既存のVPNにそれらを統合したり、既存のActive Directoryを使う、といったセットアップ作業も、簡易なサービスとして提供されるのでITの負担は少ない。大企業のユーザーは、ワンクリックバックアップ、モニタリング、カスタムテンプレート、共有ドライブ、などの周辺サービスも利用できるが、いずれもボタン一つで使える簡便さだ。

console-animation-l

アニメーション提供: Paperspace

これらのサービスやツールはすべて、クラウドから提供される。AWSにもクラウド仮想デスクトップの時間貸しサービスがあるが、しかしPaperspaceの連中に言わせると、それらのサービスですら技術的に難しくて、しかもAWSの使用という別の負担も生じる。Paperspaceなら、社内に技術に詳しい社員がいなくても、誰もがすぐに、自分の机上で仮想デスクトップを使えるようになる、と彼らは主張する。

しかしPaperspaceのように仮想デスクトップをブラウザー上で提供するということは、いわばブラウザーの中で仮想マシン(VM)が動くことだ。そこで、導入の単純性とともに必要なのが、スピードだ。そこで、ブラウザー上の各VMに(クラウド上で)専用のGPUを割り当ててスピードを確保する。それによりユーザーは、相当複雑なタスクでも快調にこなせるようになる。

二人のファウンダーは前職がシステム設計のアーキテクチャ担当で、その職場で仮想デスクトップの重要性を十分に認識した。しかしそういうローカルな仮想デスクトップシステムは、大きなファイルや複雑なプログラムを扱うには非力だった。

しかしPaperspaceは、彼らの前の会社がやっていた複雑なCADだけがターゲットではなく、金融サービスや教育、法律、保健医療など、どんな分野の企業や組織でも仮想デスクトップを利用できる。お望みなら、ゲームもOKだ。

クラウドサービスを提供するのに自前のデータセンターを必要とするスタートアップは、いまどき珍しい。しかし彼らが望む仮想デスクトップのパフォーマンスは、既存のクラウドプラットホームのVMインスタンスでは無理だった。そこで彼らは、カリフォルニアとニューヨークの二箇所にデータセンターを立ち上げた。それが通常のやり方ではないことを十分に承知している彼らは、その道の経験者である、クラウドIaaSのベンダーDigital OceanのJeff Carrなどに助言を仰いだ。自前のデータセンターを必要とするビジネスについて、いろいろ教えてくれる経験者たちだ。

そしてKobranとErbによると、Carrらのアドバイスも非常に助かったけれども、Y Combinatorでの経験も大きい。“Y Combinatorがなければ、できなかっただろう。あそこには、とても強力なお助けネットワークがあるからね”、とKorbanは述べる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))