書籍
Kindle Unlimited

日本のKindle Unlimited騒動をヨソに、米国ではAmazonがプライム会員向けPrime Readingを開始

次の記事

PixelはこれからのGoogleそのものを体現したものだ、Androidではなく

本日、米国Amazonはプライム会員のための新しい特典を開始した:Prime Readingという名のそのサービスは、1000冊を超えるKindleの書籍、雑誌、短編、コミックその他をプライム特典の一部として会員に読ませるものだ。本質的にはKindle Unlimitedのカタログが縮小されたものである(Unlimitedは100万冊を超える書籍、雑誌、そしてオーディオブックを提供している)が、既にプライム会員なら追加コストは不要だ。

サービスに含まれる書籍には、例えば「ホビット」「ハリー・ポッターと賢者の石」といったものも含まれているが、雑誌のラインナップはもっと魅力的だ。なぜならNational Geographic Traveler、People, Sports Illustrated、Popular Mechanics、その他が含まれているのだ。Prime Readingのコンテンツは、KindleアプリやAmazon自身のKindleデバイスを介してアクセスできる。

Prime Readingの主要セールスポイントは:コミックリストの最初のラインナップに「The Essential Calvin and Hobbes」が含まれていることだ。もう一つの重要なセールスポイント:もしプライム会員なら、既にそれはあなたのものであるということ。私はおそらく、この発表を受けてKindle Unlimitedを解約するだろう。おそらくそれはAmazonが最も望んでいない結果だと思う。しかし今でも私はUnlimitedをむしろランダムな暇つぶし読書に充てていて、例え少ないライブラリコンテンツだったとしても気軽な拾い読み目的には十分だからである。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)