サウスウェスト機、Glaxy Note 7の発煙により乗客を退避

次の記事

語学学習サービス「HiNative」のLang-8が2億円調達——開発・マーケを強化し17年末250万ユーザーを目指す

サウスウェスト航空は、同社のルイビル発ボルチモア行きの便が、機内で端末から発煙したため、乗客を退避させ現在もゲートに停機中であることをTechCrunchに伝えた。「乗客および乗務員全員が客室扉から無事に降機した。乗客は他のサウスウェスト機に塔乗して最終目的地へ向かう予定」と広報担当者が説明した。

この事故による乗客の怪我はなかった。

航空会社は、「初期調査結果」によると問題の端末はSamsung製である可能性が高いと発表したが、機種名は特定しなかった。一方、端末の持ち主についてははるかに具体的であり、The Vergeは、機種がGalaxy Note 7であることだけでなく、以前同社が30件以上の障害報告を受けて顧客に発送したグリーンのバッテリーアイコンがついた交換ユニットであると報じている。

端末の所有者であるBrian Greenは、初期の問題が主に充電器に起因していたのとは異なり、端末は客室乗務員の指示に従い電源を切った状態だったと話した。またGreenによると、発煙が始まった時Galaxy Noteは本人のポケットに入っていた。それを同氏が床に落としたことで事態は悪化し、最終的に端末がカーペットを焼き穴をあけた。

GreenはNoteの箱を写真に撮り、バーコードの上に印刷された交換用モデルであることを示す黒い四角形を見せつけた。

このニュースは、同社の主要ファブレット機を巡って1ヵ月以上続く物語の最新事象にすぎない。同社は、塔乗の際は電源を切りケーブルを外すことを当該端末ユーザーに要求するよう、FAAから公式に警告を受けている。

アップデート:Samsungからの本件に関する回答は、予想通り曖昧な内容で、サウスウェスト社と検討しているとだけ説明している。以下に全文を掲載する。

端末が回収できるまで、この事象に新しいNote7が関わっているかどうかは確認できない。現在当局およびサウスウェストと協力して、端末の回収と原因の究明に努めている。調査結果がわかり次第、詳細な情報を伝える予定。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook