デスクトップ回路基板プリンターで成功途上にあるBotFactoryが$1.3Mを調達、自分の手元でプロトタイプを作れる

次の記事

ザッカーバーグ、Oculus VRヘッドセットのスタンドアロン版を先行公開

回路基板は、作るのは難しくなくても、時間と手間がかかる。試行錯誤、バグ、売るための費用、などなどが積み重なると小さなプロジェクトが大きな重荷になる。そこでBotfactoryは、130万ドルの資金を調達してデスクトップのPCBプリンター(上図)を作ろうとしている。

ニューヨーク大学の院生Nicolas VansnickとCarlos Ospina、および教授のMichael Knoxは、クラスのプロジェクトでPCBを作らなければならなくなったとき、BotFactoryを着想した。クラスのほとんど全員がそのプロジェクトで失敗したのは、2週間で回路基板を作る、という部分で挫折したからだ。

Vansnickは語る、“その経験から学んだことは大きい。回路基板を簡単迅速に作れない、という問題はどんなプロジェクトにもあるだろう。だから電子回路のプロトタイプや製品を作る方法に、革命をもたらすようなソリューションが必要なのだ。それまではみんな、回路やチップをなるべく小さくすることに苦労していたけど、PCBを作る方法をなんとかしよう、とは思わなかったのだ”。

彼らの最初の製品Squinkはすでに発売され、106台売れた。あと12台、受注残がある。Squinkは言うまでもなく、ニッチ製品だ。誰もが自分の仕事場にピックアンドプレースマシンを置きたいわけではない。でもそれは、今後のもっと素晴らしいプロジェクトのスタートでもある。そのキットは伝導性インクやハンダを使って、部品を回路基板に配置していく。

今回の130万ドルの資金調達ラウンドは、NY Angelsがリーダーになった。

“究極の目標は、誰もがその場ですぐ、ローコストで回路基板を作れるような、デスクトップマシンを提供することだ”、とVansnickは語る。

これまでのPCBメーカーは、回路をアジアの製作所へ送って基板やチップが送り返されるのを待っていた。バグがあればそのフィックスに数週間を要し、発売までにさらに数週間がかかっていた。そういうプロセスの全体を机上の小さなマシンに収めることによって、BotFactoryは大量の時間の無駄を防いでくれる。

Squinkのベーシックタイプは3199ドル、より高度なバージョンが4499ドルだ。いわゆるメイカー向けの価格ではないかもしれないが、でもかつてHan SoloがSpockに言ったように、“武器を置きなさい。あなたが本当に探していたものは、こんなロボットなのだ”、と誰にも言ってあげたい。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))