Wacomのプロ用ペン入力タブレット型コンピューターは13.3″, 15.6″でタブレットという呼称を拒否

次の記事

「iPhone版DayDream」でGoogleに挑む──スマホVRコントローラーのVroomがKickstarterで出資募集中

New York Comic Conは盛りだくさんの何でもあり。Netflixのオリジナル番組のコスプレパレード。Lou Ferrigno本人がHulkのDVDにサインしてくれる。そして今夜は、Legends of the Hidden Templeのパネルがあるらしい。そこにないもの、と言えばテクノロジーの見せ場か。でも、いくつかの発表には、あちこちでテクノロジーが駄々漏れしている。

その筆頭が、Wacom。同社は、タブレットが単なる、電話機としては使わない大きな電話機ではなかった時代に逆戻りする。そしてBambooで消費者の受けをねらったけれども、同社の主食はあくまでもプロフェッショナルたちだ。

そしてプロ受けをねらった場合、タブレットはもはや消費者が大画面でFruit Ninjaを楽しむデバイス“タブレット”ではなくて、同社が発明した新しい機種分類、“モバイルコンピューター”になる。ターゲットはアーチストやデザイナー、われわれ一般大衆ではない。

2D, 3D, およびCADのアーチストやデザイナー向け、という同社のMobileStudio Proモバイルコンピューターは、Windows 10を搭載したペン入力のコンピューターで、6種類の機種構成だ。うち4つは13.3インチ、2つが15.6インチ。入力用のペンは新製品Pen 2の改良型で、Adobe Creative Cloudを完全に使える。

さらにオプションで3Dカメラをサポート、Wacom LinkでMacやPCにつなげば、Cintiq的なデバイスにもなる。

SSDは64または512GB、お値段は1400ドルから。15.6インチモデルがややお高いのは、画面が4Kのせいもある。いずれも、発売は11月の後半を予定している。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))