Wordpress

テンプレートを廃しブロック方式で自由度を高めた、一般人のためのWebデザインツールTilda

次の記事

Googleが自社ハードウェア製品のパイロットショップをニューヨークに開店…小売のノウハウ獲得に本気?

メイカーに代表されるような、いろんなプロジェクトに次から次と手を出すタイプの起業家は、Webサイトも次から次とたくさん作らなければならない。そのための便利なツールとして、Bootstrap(これはやめた方がよい)やSquarespace、WordPressのクールなプラグイン、などなどがかねてからある。ここでご紹介するTildaも、そのひとつだ。

Tildaは使いやすくて応答性の良いページビルダーで、ふつうのランディングページだけなら月額15ドルで利用できる。FunkyPunkyというデザインスタジオをやっているロシアのWebデザイナーNikita Obukhovが、自分たちで使うためにTildaを作り、最近それを一般公開した。画像やテキストのレイアウトはドラッグ&ドロップ方式だから、何かを貼り付けるのは数秒で終わる。

その差別化要因のひとつが、Zero Blockと呼ばれる“Webエディター内のWebエディター”的なツールで、文字やフォントの管理(タイポグラフィー)、図形を描く、アニメーションを作る、などの作業ができる。いわばこれは、Tildaの秘密兵器だ。

Obukhovはこう説明する: “ユーザーは、予(あらかじ)めデザインされているブロックを組み合わせてWebサイトを作る。テンプレートはない。その方が柔軟性があり、ユーザーの自由度も大きい。ブロックは、わが社のプロたちの作品だから、ルックスがよろしい”。

試してみたら、こんなプロジェクトを15分で作れた。既存の写真とテキストを、ちょっと使っただけだ。終わったらすぐにそれをアップできるし、公開できる。ドメインを割り当てるのも簡単だ。とにかく、使用体験はとても快適だ。

Tildaはまだ自己資本のみで、今リピーターの顧客が約4000名いる。

あなたはまだ、Bootstrapから完全に抜け出せないかもしれないし、Tildaの月額15ドルは高いと感じるかもしれない。でも、ぼく自身の証言としては、とても使いやすいから捨てられないツールだね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))