非集中型管理
ウェブ3.0
非集中型ウェブ

非集中型ウェブが皆の手に力を取り戻す

次の記事

Google、AIから偏見を排除する方法を研究中

【編集部注】著者のMatthew Hodgsonは、チャット、VoIP、IoTを統合するオープンソースプロジェクトMatrix.org技術担当共同創業者である。

最近、Googleが新しいビデオ通話ツールをリリースした(その通り、また別のツールである)。Googleのハングアウトは企業向けとしては主役の座を下ろされて、Google Duoが次のビデオ通話の大物と考えられている。

ということで、私たちはMicrosoftのSkype、AppleのFaceTime、そしてGoogleのDuoを手にしているというわけだ。各大企業は、それぞれが独自の類似サービスを持ち、それ自身のバブルの中で立ち往生をしている。これらのサービスは素晴らしいものかもしれないが、インターネットが構築されつつあった夢のような年月の間に、私たちが想像していたものと全く同じものだとは言えない。

ウェブやインターネットの本来の目的は、もし思い出してもらえるならば、人類を良くするために、誰でも公平に参加することのできる共通で中立なネットワークを構築することだった。幸いなことに、このビジョンへとウェブを連れ戻そうとする新しい動きがあり、それはウェブ誕生の当初から続く重要な姿さえ含んだものである。それは非集中型ウェブ(Decentralised Web)またはウェブ3.0と呼ばれ、如何なる単一「中央」組織にも依存することのないサービスを、インターネット上に構築しようとする新しい動きとして説明される。

では、ウェブの初期の夢の期間に何が起きていたのか?この中立な基礎構造の上で価値を生み出すための簡単な方法は、情報を集め、抱え込み、そしてお金にする集中型サービスを構築することだと人びとが気が付いたために、大部分の利他的行為が最初のドットコムバブルの間に色褪せていった。

検索エンジン(例えばグーグル)、ソーシャルネットワーク(例えばFacebook)、チャットアプリ(例えばのWhatsApp)は、インターネット上で集中サービスを提供することによって巨大な成長を遂げた。例えば、Facebookによるインターネットの未来ビジョンは、同社が支援する集中サービスのサブセットを提供するものに過ぎない(FacebookのFree Basicsとinternet.org)。

一方、それはコンテンツへURLを介してリンクできるといった基本的なインターネットの自由を(コンテンツをFacebookの中だけで共有するを強制することで)阻害し、検索エンジンがそのコンテンツにインデックスを(Facebook内の検索機能以外が)張ることを許さない。

動画チャット-tinychat

非集中型ウェブが描く未来は、コミュニケーション、通貨、出版、ソーシャルネットワーキング、検索、アーカイブなどのサービスがただ1つの組織に所有された集中型サービスとして提供されるのではなく、人びとの力(彼ら自身のコミュニティとユーザーたち)を使う技術によって提供される世界だ。

非集中型の核となるアイデアは、あるサービスの運営が、盲目的に単一の全能企業に委ねられていないということだ。その代り、サービスへの責任は共有されている:おそらく複数の連携するサーバー上で実行されたり、あるいはおそらく完全に「分散」したクライアント側のアプリ上でピアツーピアモデルとして実行されたりという形で。

コミュニティというものは「ビザンチン」であるかもしれず、お互いを信用したり依存したりする理由はないとしても、非集中型サービスの振る舞いを記述するルールは参加者が公平に行動することを強制するように設計される。こうした設計は、参加者が相互に責任保持することを実現するマークル木とデジタル署名のような暗号テクノロジーに強く依存している。

非集中型ウェブが必ず守らなければならない3つの基本領域が存在する:プライバシー、データ互換性、そしてセキュリティだ。

  • プライバシー:非集中型は、データのプライバシーへの、よりしっかりとした注目を強制する。データはネットワーク全体に分散されるので、許可されたユーザーだけが読み書きできることを保証するエンドツーエンドの暗号化技術がとても重要である。データ自身へのアクセスはネットワーク側で完全にアルゴリズム的に制御される。これは、ネットワークの所有者が、顧客のプロファイルを活用し広告のターゲットとするために、データへのフルアクセスを持つ、典型的な集中型ネットワークのやり方とは反対のやり方である。
  • データ互換性:非集中型環境では、ユーザーが自身のデータを所有し、誰とそのデータを共有するかを選択する。さらに、ユーザーはあるサービスプロバイダーを離れる時にも、そのデータに対する制御権を握っている(サービスと言うものが、サービスプロバイダーという概念を保っていると仮定している)。これは重要なことだ。もし私が、今日ゼネラルモーターズからBMWに乗り換えるとするなら、自分の運転記録を一緒に持っていくことができない理由があるだろうか?同じことが、チャットプラットフォームの履歴や健康記録にも適用される。
  • セキュリティ:そして最後に。私たちはセキュリティ上の脅威が増大する世界に住んでいる。集中型の環境では、サイズが大きくなるほど、悪者を惹きつけるハニーポットも大きくなっていく。非集中型の環境は、最初から公的な監視の下で構築されて来ているため、ハッキング、潜入、買収、破産、その他の脅威に対して、一般的な性質としてより安全だ。

丁度インターネット自身が、多くの異なる未接続のローカルエリアネットワークを、お互いに接続された新しい共通基盤へと持ち上げるきっかけとなったように、今私たちは更に高レベルのサービスを支える、中立な共通基盤をもたらすテクノロジーの登場と共に、全く同じパターンが再び起きつつあることを目撃している。そして、ウェブ 2.0の時と同様に、ウェブ3.0到来を告げる最初の波は、既に何年も私たちの間を歩き回っているのだ。

Gitは完全非集中型のバージョン管理システムとして広く成功していて、ほぼ完全にSubversionのような集中型システムを置き換えている。有名なビットコインは、1つの通貨が中央当局なしに存在できることを示した、これはPaypalのような集中型管理システムとは対照的である。Diasporaは、Facebookを代替する非集中型システムの提供を目指している。Freenetは、非集中型ウェブサイト、電子メール、そしてファイル共有のための道を開いた。

それらよりは有名ではないが、StatusNet(現在はGNU Socialと呼ばれている)は、Twitterの非集中型代替システムを提供している。XMPPは、AOLインスタントメッセンジャー、ICQ、MSN、およびその他のメッセージングシステムの非集中型の代替システムを提供するために作られた。

1914年頃の電話交換機のオペレーター。写真提供:Flickrやreynermedia。

1914年頃の電話交換機オペレーター。写真提供: Flickrならびにreynermedia

しかしながら、これらのテクノロジー(これらを夢見て、そのマスマーケットでの不調を喜んで受け入れるようなオタクたちのお気に入り)は、いつでも崖っぷちに座らされてきた。いらいらするほど主流から外れたものだったのだ。しかし潮目は変わってきている。大規模なサイロ(牧場で干し草を詰め込んで貯蔵するための倉庫、転じて何でも囲い込むように押し込めた場所)のようなコミュニティプラットフォームへの依存は、ユーザーにとって最善の利益ではないという認識と共に、世の中の時代精神がついに追いつきつつある。

重要なことだが、主流産業からの注目を集め、現実世界の新時代を告げる、新しい世代の非集中型スタートアップが出現している。

BlockstackとEthereumは、ブロックチェーンが単なる暗号通貨以上のものとして、どのように使えるのかを示している。ここでは、強い合意を必要とする非集中型システムを構築するために用いられる、ビルディングブロックの汎用セットとしてブロックチェーンは振る舞っている。

IPFSとDatプロジェクトは、所有権およびデータへの責任が、1箇所でホストされるのではなく、アクセスする者全員で共有される、完全に非集中型のデータの基礎構造を提供する。

実際の歩みに対する現在の変化の勢いは、 Internet Archiveが6月に主催したDecentralised Web Summit(非集中型ウェブサミット)によってもたらされた。このイベントは、多くの元祖「インターネットとワールド・ワイド・ウェブの父親たち」 を集め、「ウェブを開かれた場所にし続ける」方法と、「より信頼でき、プライベートで、そして楽しい」ウェブの再発明に関しての議論が行われた。

Internet Archiveの創設者であるブリュースター・ケールは、どのように集中型のInternet Archiveを非集中型のものに移行するかを考えているときに、非集中化技術の進展を直に知った:壊れやすく脆弱な単一サービスではなく、それを利用するコミュニティによる運用とホスティングということだ。

さらに、サミットにおける、ティム・バーナーズ=リー、ヴィントン・サーフ、そしてブリュースターその他多くのインターネットの古参たちの熱烈な支持は、非集中型へのシフトが、初めて注意を集めその確立へ向けた真の承認を得たことを示した。

ティム・バーナーズ=リーはこう語った

ウェブは、自分自身のドメインと自分自身のウェブサーバーを持つことで、誰でも参加することができるように設計されました。そしてそれは上手く行っていません。その代わりに、私たちは各々の個人データがこうしたサイロの中に閉じ込められているような状況に置かれています。[…]そこで、提案したいのは、非集中型ウェブのアイデアを取り戻すことなのです。

人びとに力を取り戻すために。私たちはただ微調整をしていけば社会革命を起こすことができると考えています:私たちはウェブの技術は使いますが、あなたが使うデータからあなたが使うアプリを分離するような方法で行うのです。

現在の課題は、これらの新しい技術を成熟させて、マスマーケットに完全に持ち込むことだ。商業的には非集中型には巨大な価値がある:現在のようなサイロは洗い流される一方で、新しいものが常に新しい共通基盤の上に現れてくることになる。丁度最初のウェブのときに起きたようなことが。

Githubはこの代表選手である:この20億ドルの会社は、Gitの非集中型テクノロジーの上に、完全に付加価値サービスとして構築されている ‐ ユーザーが自分のデータを取り出し、任意の時点で残すことを当たり前のようにできるにも関わらず。

同様に、新しい機会がこの勇敢な新しい世界に登場するにつれて、私たちは非集中型インフラストラクチャと、その上の商業的に有効なサービスを提供する会社群の新しい波を見ることができることを期待している。

最終的に、ウェブ 3.0が私たちを向かわせる最終的な方向のを予測するのは難しい、そしてそれこそが肝心な点なのだ。ウェブを少数のプレイヤーの手から解放することによって、必然的にイノベーションが加速し、ユーザーの利便性を優先したサービスが繁栄するようになる。

Apple、Google、Microsoft、その他の企業は、その中心にそれぞれの収益を置いている(もちろんそれが必要だからだが)、それが意味するところはユーザーはしばしば純粋に収益源としてみなされるということである。文字通りユーザーを糧にして。

非集中型ウェブが主流の開発者コミュニティの関心と情熱を集めて行くにつれて、どんな新しい経済が出現し、どんな種類の新しいテクノロジーとサービスを彼らが発明するのかは予想できない。ただ1つ確かなことは、その創造者たちの関心と同じように、コミュニティは本質的に自身のコミュニティとユーザーベースを支援していくということだ。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)