プロダクト
ヘッドアップディスプレイ

Ankerが車載ヘッドアップディスプレイRoavを間もなく出荷、Navdyのクローンらしい

次の記事

PowerPointによるプレゼンに投票、Q&Aなどリアルタイムの対話的機能を加えるGlisserが$1Mのシード資金を獲得

Navdyよ心せよ。Ankerがやってくる。この中国の消費者向け電子ブランドは、間もなく車載ヘッドアップディスプレイをリリースしようとしている。そのデザインと機能はNavdyによく似ているようだ。

そのプロダクトはRoavという名前である、そしてNavdyと同じように、デバイスはユーザーの電話から情報を取り出し、運転者の前に位置する透明なスクリーンの上に表示を行うようだ。商品画像には、ナビゲーション、メディア再生情報、車の速度、そして発信者IDが示されている。Roavは台座に固定された台座の上に載せられている ‐ これもNavdyと同じだ。

幾つかの画像以外は、この情報について知られていることは多くない。私たちは、詳細を求めてAnkerに問い合わせを行ったが、同社はまだ回答を返してきていない。Goroav.com製品のTwitterアカウントは9月末に作られている。Facebookページの開設は10月初旬に行われたようだ。

製品サイトによると、Roavは11月の出荷が予定されている。現在Navdyは、テストユーザーにその製品を出荷している。Navdyデバイスの一般的な入手可能性については、まだ発表されていない。

Doug Simpsonは2013年にNavdyを設立し、これまでに3回の資金調達ラウンドを通じて2680万ドルを調達している。同プロダクトは2014年にKickstarterに登場し、速やかに100万ドルを超える事前受注を手にした。もともと同製品は、2015年に出荷される予定だったが、それは実現しなかった。2016年7月に同社は、限られたユーザーに対して、ベータプログラムを通じて、事前受注分の一部を出荷し始めた。

3年前に発表されていたにも関わらず、Navdyはこれまで深刻な模倣製品(copy-cats)には直面していなかった。AnkerのプロダクトはNavdyのものを逐一なぞったもののように見える。そしてもし、Ankerの他の製品のことを思うなら、Roavもまともな品質を持っているに違いない。

元Googleのエンジニアによって、2011年にスタートしたAnkerは、Amazonのトップエレクトロニクスブランドだ。ポータブルバッテリーやスピーカーをサイト上で検索してみれば、Ankerのプロダクトが検索結果の上位を占めることになる。この中国企業は、安価なバッテリー、携帯電話ケース、キーボードとマウスを売り、そしてオフィスと家庭向けの新しいブランドEufyの名の下にランプやオイルディフューザー、そしてロボット掃除機まで手がけている。個人的には、Ankerの製品は手頃で信頼性が高いことは知っている。

私たちは、AnkerとNavdyにコメントを求めた。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)