高速制御
アクチュエーター
脚移動ロボット

ディズニーが愉快な1本足跳躍ロボットをお披露目

次の記事

3DプリントやVRのための3Dデザインを簡易化大衆化したいVectaryがシードで$2.5Mを獲得しニューヨークへ引っ越し

ピッツバーグにあるDisney Researchの研究者たちは、1本足で飛び跳ねるロボットを作った。現段階では転倒せずに19回跳ねることができる。

Zachary Batts、Joohyung Kim、そしてKatsu Yamaneによるこのプロジェクトは、当初コンピューターシミュレーションとして開始され、ついにハードウェアとして実現された。研究者たちは彼らのシステムを、Marc Raibertのホッピングコントローラを使い、並列線形伸縮アクチュエーター(linear elastic actuator in paralle:またの名をLEAP)で制御している。現在それは転倒せずに、約7秒間ジャンプすることができる。

研究者たちは、一本足ロボットが、より複雑な運動のための最高のテストベッドであることを発見した。「足のあるロボットは有用です、特に有利なのは、水平ではない土地でも行動することができることで、見物客を複雑な動きで楽しませることも可能です(例えば色々な足取りで)」と彼らは書いている。「一本足のロボットは、足のあるシステムとしては最も単純なトポロジーで、跳ねるという足取りに限定されています。一本足跳躍ロボットは、運動制御アルゴリズムに対する最も簡単なテストベッドを提供してくれるだけではなく、安全で堅牢な地表移動を実現するためには高速で、力の要るアクチュエーションを必要とし、多足システムよりも大きな機械的ストレスにアクチュエーターは耐えなければなりません。こうした理由から、一本足跳躍ロボットは、足を使った移動に使用されるアクチュエーターのための理想的なベンチマークを提供します」。

私にはこいつは海賊Q-Bertのように見える、個人的にはこの1本足のロボット君主を歓迎したい。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)