サブスクリプション

数千万曲を提供するAmazon Music Unlimitedが米国で開始、プライム会員は割引、安価な「Echo専用」プランも

次の記事

開発のサーバーレス化を助けるServerlessがシードで$3Mを調達、ただしサーバーレスはサーバーが動かす

Amazonが自身の独立した音楽ストリーミングサービスを立ち上げようとしている噂はずっと囁かれていたが、そうした噂の真偽が遂に明かされた:本日同社はAmazon Music Unlimitedを発表した。この新しい、オンデマンドストリーミングサービスは、数千万曲へのアクセスを提供し、利用料はプライムメンバーは月額7.99ドル、非プライムメンバーは月額9.99ドルとなっている。Amazonはまた、月額たったの3.99ドルの「Echo専用」(Echo本体での再生に限定される)サブスクリプションプランも発表した。

Echo専用プランは、Amazon Echoのオーナー向けの副次サービスについて述べた以前のRecodeのレポートを追認する形のもので、Amazon Music Unlimitedがライバルに差をつける役に立つだろう。

これは、Amazonにとって、最初の音楽ストリーミングへの進出ではない。今日の発表以前でも、より限定的なラインナップながら、プライムメンバーシップにはAmazon Musicへのアクセスが含まれていた

Amazonプライム会員は、200万曲以上にアクセスできるだけでなく、1000を超えるプレイリスト、パーソナライズされたステーションにもアクセスできる。Amazon Music Unlimitedはこれに比べると大きな進化である。Sony、Universal、そしてWarnerといったメジャーレーベルに数百ものインディーズを加えた「数千万曲」のラインナップへのアクセスだけでなく、数千のプレイリストとパーソナライズされたステーションが提供される。

img_0296

最大6人で聴ける家族用のサブスクリプションプランは、まだ提供されていないが今年の終わりまでには月額14.99ドル、または年額149ドルで開始される予定である。プライム会員ならば年額79ドル(月額にならすと6.58ドル)で申し込み可能になる。

サービスは、オフラインリスニングのような標準的な機能をサポートし、広告は含まれていない。これは、Amazon Echo、Echo Dot、そしてAmazon Tap、Amazon Fire TVやFire tabletsのようなFireデバイス、iOS、Android、ウェブ、PCそしてMac、Sonno、Boseその他の全てのAmazon Music互換デバイスで動作する。

新サービスは、Apple Music、Google Play Music/Youtube Red、Spotify、さらにはPandoraが新たに発表した格安サービスといった、ライバルで混み合ったシーンに参入することになるが、Amazon Prime Unlimitedを最も興味深いものにしているのは「Echo専用」プランだ。

Amazonはロンドンの製品発表ではAmazonのAlexa、エコーや新型エコードットを紹介します

Alexaを活用する「Echo専用」ミュージック

月額数ドルで、あなたはAmazon Echo、Echo Dor、そしてAmazonタップを含むEchoスピーカーにオンデマンドミュージックを追加することができる。

もしあなたがお好みのオンデマンドサービスを手放すことを躊躇しているならば、Echo専用の価格は、そちらを諦めなくても良い手頃さだ。そして、この価格は、オンデマンドの音楽サブスクリプション市場にいなかった人たちにもアピールすることだろう。

img_0299Echoに限定はされるものの、この割引サービスには更にいくつかの利点が付随している。

簡単な声による命令で音楽を開始させるだけでなく、Alexaの機械学習機能は時間を経るにつれ「より会話上手でパーソナライズされた」ものになっていく、とAmazonは語っている。たとえば、ただ「音楽を再生」と命令しただけで、それはあなたの好みに適合した音楽の再生を開始するようになるだろう。

曲やアーティストの名前で再生をする以上のことも、サービスは可能だ。

より複雑な問い合わせを行うこともできる、例えば「Green Dayの新曲を再生」と命じてバンドの最新シングルを再生する;ムードにマッチした音楽を再生する(例えば「Alexa『楽しい音楽』を再生」);または特定の時代のジャンル(例えば「90年代の最も人気のあるロックを再生」)。

これらの問い合わせを組み合わせて、ある特定のアーティストの特定の年代の音楽を依頼することもできる。Alexaに対して、DJイントロ付きの「今日のお勧め」を再生するように命じることもできる。そして、Amazonのサービスでどのように呼ばれているのかは知らなくても、プレイリストの再生を依頼することができる。

例えば「Alexa、ディナーパーティーのための音楽を再生」と言うことで、Alexaは再生履歴に基づいたプレイリストを組み立てる。「友達とのディナー」、「クラッシクなソウルでの調理」、あるいは「インディーズディナーパーティ」などなど。

Screen Shot 2016-08-25 at 1.53.58 PM

名前がわからないときにも、その歌詞の一部だけを伝えてAlexaに再生させることができる。仮想アシスタントに対して「play the song that goes…(この歌詞の曲を再生…)」と言った後に、知っている歌詞を続ければ良い。

EchoサービスではSide-by-Sideと呼ばれる、アーティストの舞台裏話が提供される。ローンチの時点では、The Chainsmokers、Jason Aldean、Lindsey Stirling、Sting、 Norah Jones、One Republic、そしてKongosのものだが、これらはどんどん追加されていく。

当然、Echo自身からAmazon Music Unlimitedにサインアップすることが可能で、仮想アシスタントに対して無料トライアルを始めることをただ依頼すれば良い。まだ比較的新しいものの、Echoのユーザーベースを活用することは、潜在的にはAmazonにとってかなり大きな市場になる可能性がある – 同社は既に400万台のスマートスピーカーを販売したと推定されていて、更に来年は1000万台を売りたいと希望している

  1. img_0296.png

  2. img_0299.png

  3. img_0307.png

新しいアプリ

新しい音楽サービスに加えて、Amazon Musicアプリも変身し、アーティストイメージやアルバムアートを強調し、音楽の検索そして再生を改良したものになった。アプリの「Home(ホーム)」セクションには、エディターからの更新情報や、トレンドと人気曲などが表示される;そして「Recommended(おすすめ)」セクションにはパーソナライズされた提案が並び;「Now Playing(再生中)」のセクションでは同期して歌詞が表示される。

Amazon Music Unlimitedは米国では本日から利用できる。今年の終わりまでには、英国、ドイツ、オーストリアでもデビューする予定だ。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)