アプリ
mac app
Software

Evernote Mac版で添付データが消えてしまうトラブル発生

次の記事

Five Appは、メッセージで手話を送れるアプリ

Mac版Evernoteの特定バージョンを使っている人に対し、データが消えてしまうか可能性がある旨のメールが送られた。すべてのMac版で問題があるわけではないのだが、メール受信者に対しては、直ちにEvernoteのアップデートを行うように促している。

メールによると、消える可能性があるのは画像などの添付データであるようだ。Evernote for Macの特定バージョンを使っていて、特定の条件が重なってしまったときに、データが消えてしまうことがあるそうだ。Evernoteによれば、影響を受けるのは「少数の人」であるとのこと。問題があるのは主に9月にリリースしたバージョンで、6月から9月のリリースにも何件のトラブルが確認されているらしい。

それらのリリースを使っていて、いくつかの条件が重なった際に、画像などの添付したデータが消えてしまう現象が報告されている。本文の方には問題はないとのこと。大量のノートを高速に閲覧しているようなときに、問題が発生することがあるそうだ。

問題を確認してからプログラム本体を書き換え、また失われたデータをリカバーしようと努力を重ねたのだとのこと。

状況についてはEvernoteサイトのForumsにて今月初頭から議論されている。

利用頻度の高い人ほど大きな影響を受けた可能性がある。フォーラムに投稿したある利用者によれば、博士論文のために2万件以上のデータをEvernoteに保存していたが、数百(ないし数千)のデータが壊れてしまっているようだとしている。

データが消えてしまった一部の利用者については、サーバー側の処理によるデータ復旧が行えなかったとのこと。リカバリーのためにEvernoteのPremium版にあるヒストリー機能を試してみるようにとのアドバイスも投稿されている。

もちろん、影響を受けた利用者の全員が有料版を使っているわけではない。バグの影響を受けた利用者に対しては、1年間無料でEvernote Premiumを提供するオファーも行なっている様子。もちろんメールやチャットによっても優先的にサポートを受けることができるそうだ(既に有料版を利用している人に対しては、期限を1年延長するためのパスコードが提供されている)。

evernote

10月2日には、Evernoteの社員よりヒストリー機能を試してみて欲しい旨の投稿がフォーラムにあった。その時点ではPremium版を利用する提案を行なっていなかったので、ヒストリー機能を使えるようにするための仕組みを提示していたようだ。

影響範囲はかなり大きいようで、データをMicrosoft OneNoteなどの競合サービスに持ち出す人も出てくることだろう。

現行バージョン(6.9.1)では問題は解決されているとのことだ。

最新版にアップデートするには「Help -> Check for Updates」を選ぶ。あるいはMac App StoreEvernoteのサイトからもアップデートすることもできる。

このような問題が起こると、どうしてもEvernoteのさまざまな動きと絡めてみてしまう人も多いだろう。

1年前にはCEOがPhil LibinからGoogle出身のChris O’Neillに替わったし、エグゼクティブ数名も社を去った不採算部門の切り捨ても行ったし、有料版の値上げもした。さらにインフラコストの削減と、データ処理の高速化および安定性向上を目指すとして、データの保管場所をGoogleのクラウドに移項してもいる。Evernoteによれば、今回の問題はデータの移項とは関係がないそうだ。むしろこうした問題が起こらないようにするためにも、データの移行を行なっているのだと主張している。

Evernoteによれば、バグの影響が考えられるのはビルド番号453991(Evernoteのサイトからダウンロードされたもの)および454042(Mac App Store経由)であるそうだ。最新版(6.9.2で、ビルド番号はEvernoteのサイトよりダウンロードした場合が454158でApp Store経由が454159)にアップデートすることで、トラブルは発生しなくなるとのこと。影響を受けたのは「アクティブなMac版利用者のうち1%未満」であるとのことだ。

今回のトラブルの影響を受けたユーザーに向けて発送されたメールを以下に転記しておこう(英文ママ)。見出しを検索する人のために記しておけば、タイトルは「We’re sorry. Please update Evernote for Mac.」だ。

We have identified a bug in some versions of Evernote for Mac that can cause images and other attachments to be deleted from a note under specific conditions. We believe you are one of a small number of people impacted by this bug.

Please update Evernote on your Mac to the latest version as soon as possible:
•From the menu, go to Help > Check For Updates…
•If you do not see this menu option, update through the Mac App Store or from our website
The bug can occur in the version of Evernote for Mac released in September, and less frequently in versions released since June. In these versions, certain sequences of events, such as skimming quickly through a large number of notes, can cause an image or other attachments to be deleted from a note without warning. Text in notes is not affected.

Once we identified the problem, we worked quickly to implement a solution and attempted to restore all lost data. Unfortunately, some of your attachments couldn’t be automatically restored. However, you may be able to recover your attachments using Evernote’s note history feature available through Evernote Premium.

We are giving your account one free year of Evernote Premium to make amends and give you access to priority customer support via chat or email. If you already have Premium, the gift code can be used to extend your subscription for one additional year, or banked as Points to use for later.
If you run into any difficulties redeeming your code, follow ….

We understand how important your notes and attachments are, and we apologize. Again, please update your app as soon as possible to prevent any further loss of data.

The Evernote Team

原文へ

(翻訳:Maeda, H