テレビ

GoogleがWeb TVサービス“Google Unplugged”でCBSと契約、FoxやABCもそのうち

次の記事

GoogleのG Suite(元Google Apps for Work)がチームワークのための機能を充実、Slackの統合もあり

Wall Street Journalの報道によると、Googleは、近くローンチするWeb TVにCBSの放送コンテンツを流せることになったようだ。CBSとの契約は、その“余計なもののない”TVコンテンツを、ケーブル嫌いの人びとに普及していく歩みの、第一歩になるだろう。すでにGoogleは、Foxと、ABCの親会社であるWalt Disneyとも契約の商談を進めている。

WSJの記事によると、GoogleのそのWeb TVサービスの名前は“Unplugged”(ケーブルのプラグを抜いた)になり、月額料金は25〜40ドル、これまでのケーブルや衛星テレビにあったさまざまな“紐付き”や“抱き合わせ”のない、TV放送“だけ”のコンテンツで、大量の会員をごっそりすくい取る気でいる。

これによってGoogleは、Appleに先駆けることになる。AppleもApple TVの今度のアップデートでは同様のサービスを提供するようだ。また、DishのSlingTVやSonyのPlayStation Vueなどと横並びになる。Huluもやはり、レパートリーにテレビ放送を加える気らしい。

GoogleのUnpluggedはYouTubeから提供され、YouTubeの有料会員サービスYouTube Redのコンテンツライブラリの一部も、この契約から利用できる。UnpluggedがYouTube Redのコンテンツになる、わけではない。

これからは、徐々に、そして確実に、テレビ放送の中央集権的なスタイルは陳腐化していく。テレビ局も、ケーブルテレビ企業も、そのことを自覚している。長年、ケーブルの端末として各世帯に置かれていたボックスは、姿を消していくだろう。伝統的なテレビ局にとっても、Googleなどのインターネットサービスは生き残りのための命綱になる。とくに若い人たちは、今や、テレビよりもYouTubeばっかし見ているのだから。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))