イーロン・マスク、完全自動運転車の全米横断テストドライブを2017年中に実施へ

次の記事

オークションのEBay、ビジネスモデルがAmazonのような定価物販に近づく

Elon Muskは自動運転車の提供スケジュールを本気で加速しようとしている。Tesla CEOは今日の電話会見で、来年中に無人Tesla車のテストドライブを開始したい意向を語った。

どんなテストか?街中を一周りするのではなく、全米横断だとMuskは言う。

「われわれのゴールは ― 私はかなり気に入っているのだが ― ロサンゼルスからニューヨークまで、完全自動運転のデモンストレーション走行を行うことだ。ロサンゼルスの自宅を出発し、例えばニューヨークのタイムズスクエアで降りると車は自動的に駐車する。これを来年中に実現したい。人間は一切手を触れる必要がない。充電を含めて」と今日の会見でMuskは話した。

この目標がどういうレベルなのかといえば、現在行われている自動運転車のテストは州境すら越えていない。もちろん国境も。それは非常に大きなゴールである。しかもMuskがこれも今日発表した、新たなハードウェアおよびシステムのアップデートによると、今後Teslaが製造する全車種にはこれを再現できる可能性がある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook