GoogleがChromeの空タブページに“おすすめ記事”を満載、でも以前の履歴やブックマークに戻すことは可能

次の記事

ポケモンGO、ハロウィンに初のゲーム内イベントを実施。アメがたくさんもらえるぞ

The original new tab page.

空のタブページの元の姿

あなたには、人が何を好きかなんて、分かるかな? Googleにも、それが分かるはずはない。自分が使い慣れてて便利なものを、“あなたのため”と称する、望んでもいないコンテンツに変えてしまうなんて、余計なお節介だよな。Chrome for Androidの最新バージョンが、そのお節介をやっている。これまでのようにブックマークと最近訪れたページ(上図)ではなくて、新たに空のタブを開いたときは“suggested articles”(おすすめ記事)が表示されるのだ。

The 'suggested articles' feature.

The ‘suggested articles’ feature.

あなたはどうかな?、ぼくの場合は毎日大量の空タブを開くから、最近の履歴を表示してくれる前の空ページの方がありがたい。Googleのお節介な“おすすめ記事”は、迷惑だよね。このオプションがオプトイン方式なら許せるけど、スポンサー付きだからGoogleとしては、それはできない。

これが気に入った人は、よろしい! でも、嫌いな人も悩む必要はない。無効にするのは、比較的簡単なのだ。Android Policeの読者Mattが、やり方を教えてくれる

それは、隠れている二つの設定を変えるだけだ。下の二つのリンクをコピーして、それらを新しい空タブページに貼り付ける。これらはマルウェアではない、ぼくを信じろ。それぞれ、ややこしそうな設定ページが出て、上に一つのアイテムが高輝度になっている。小さなドロップダウンメニューをタップすると、“default”と“disabled”があるはずだ(下図)。もちろん、“disabled”は、おすすめページ機能を無効にする設定だ。

そのほかのものは、それが何であるか分かっている人以外は、触ってはいけない。中には、重要なものもある。さて、設定を変えたらChromeをリスタートするプロンプトが出る。言われたとおりリスタートしたら、空のタブページは昔のデザインに戻っている。

disablenewtab

まだおすすめ記事が出ない人も、前もって無効にしておいた方が便利だろう。おすすめ記事に戻したい人は、”default”に再設定すればよい。

この機能は今後、もっと良い形に変わる可能性はあるけど、今のところは、こんなやり方なのだ。でも上記のように、嫌なら無効にできる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))