23andMe、次世代シークエンシング路線からは撤退

次の記事

Vine創業者、サービス停止の報を受け「会社は売っちゃいけない!」とツイート

23andMeは次世代シークエンンシングのサービスを継続せず、報道によればそのプロジェクト担当の人員を解雇したということだ。

約6人の社員が同社のユタ州ソルトレークに拠点を置く研究所から解雇されたとBuzzFeedが最初に報じている。LinkedInで我々独自に数えたところによると研究所の少なくとも5人のメンバーが解雇され、その中には2014年にプロジェクト・リーダーとして雇用され、同社の医務部長を務めていたJill Hagenkord博士が含まれる。

 

同社はその主力商品である、199ドルの遺伝マーカー・テストキットの販売は続ける予定だ。同キットを使えば健康状態と系統解析の情報が得られ、同社は世界中のより多様な人種の遺伝情報を積極的に収集、その質、量ともに拡充させる方針だと、同社の創業者であるAnne Wojcicki9月にTechCrunchに対し述べた。

しかしながら、DNA配列のより現代的な決定法で、一般に次世代シークエンンシングと呼ばれる技術に対しては、同社の主眼からは外れるようだ。

次世代シークエンンシングというのは、遺伝コードの細部に至るまでの詳細を調べるいくつもの方法に対して使われる、いわゆる総称だ。この新しいテクノロジーはこの数年間で価格が劇的に低下し、研究者は病気と思しき対象に対してより詳細な情報を得ることが出来るようになっている。結果として、Helix、Color Genomics、Genosといった企業がこの領域に参入し、この遺伝情報を詳細に調べるアプローチを使って、あなたをあなたたらしめているものは何かといった問いや、また自分の遺伝子関連で知りたいことに関しての答えを提供してくれる。

23andMeは2012年にそのテクノロジーに着目し、エクソーム・シークエンシングの予備的な研究を始めた。同社は当時、研究の成功とともに、「全ゲノム配列決定のコストが低下し、それが皆の手の届く選択肢となった時に備える」と述べた。<

TechCrunchは23andMeに対し、なぜその方向性を取りやめることにしたかについて問い合わせたが、それについての回答は今の所、得られていない。しかしながら、同社創業者のAnne WojcickiはBuzzFeedに対して、今回の件はサービスに対する需要の低下、金銭的要因や規制といったこととは一切関係ないと語った。代わりに、彼女によれば、「我々は現在手一杯」であり、それは恐らく現在扱うには少し複雑すぎるだけ、ということのようだ。

「シークエンシングに関しては多くの時間を費やしましたが、それに関しての理解が進めば進むほど私たちはその複雑さも理解したため、取り敢えず今は中心となる事業に集中すると判断するに至ったのです」と、彼女はBuzzFeedに語った。

この件に関して何か進展があれば続報をお届けする。

[原文へ]

(翻訳:Tsubouchi)