アプリ
Vine

Vine創業者、サービス停止の報を受け「会社は売っちゃいけない!」とツイート

次の記事

Appleは、一番安いノートパソコンを葬った

Vineの創業者であるRus Yusupovが、Vineのシャットダウンについてごく短いツイートを行い、それに対して大量の反応が生じている。そのツイートとは「自分の会社は売るもんじゃない」(Don’t sell your company!)というものだ。TechCrunchが取材を申し込むまで、YusupovもVineのサービス停止を知らなかったそうだ。

ちなみにRusは、1年前にTwitterをレイオフされている。彼がDom HofmannおよびColin KrollとVineを立ち上げたのは、2012年6月のことだった。そして10月にはサービスをTwitterに売却している。価格は3000万ドルだったと報じられている。ライバルと目されるInstagramに対して、2014年末にCiti Groupが350億ドルのバリュエーションを行なっているのをみて、Rusとしては売ってしまうよりも運営を続けた方が良かったのではないかと思っていたことだろう。

Twitterは2013年1月にVineのサービスを開始したが、さほど積極的ではなかったようにも見える。一部で強い支持を受けたサービスを手元におき、デザインや制作ツールなどの改善を行い、さらにバイラルにも活用してきた。しかしついにはTwitterとの積極的な統合は行われず、より一層の進化を目指すという方向性は見えていなかった。

原文へ

(翻訳:Maeda, H