ついに、とうとう、味気ないデザインのAmazon Alexaが歌う魚に変身

次の記事

Samsungは返品交換されず現用中のGalaxy Note 7に対し、ソフトウェアのアップデートで充電を60%に制限

あなたも、世の中の多くの人と同様に、朝起きてAmazon Echoを見るたびに、“おいおいEchoくんよ、ピカピカの円筒形はつまんねーから、歌う魚になったらどうだい?”、と思っているかな?

良いニュースだ。ついに、あなたの夢が実現した。

作者のアーチストBrian KaneがFacebookのプロフィールで、この気品ある歌う魚の短いデモを見せている〔上のビデオ〕。この“Big Mouth Billy Bass”は、2000年代の初めにコマーシャルをさんざん見せられたやつだが、ここではそのゴム製の魚体の中に、Amazonの音声アシスタントを(なんとかして)収めている。

当然、あなたも一つほしいだろう。

でも作者は、その仕組みを明らかにしていない。Raspberry PiがAlexaのAPIを動かしているのか? それともAmazon Echo中身を魚体に詰めただけか? そしてBillyが言葉を発するたびに、彼の電動式筋肉が痙攣するのか? それを明らかにするのは、いまのところ、あなたご自身だ。

〔Flashを無効にしているブラウザーでは上のビデオを再生できません。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))