industrial internet
フィールドサービス
ge

GE Digitalがフィールドサービス支援のServiceMaxを9億1500万ドルで買収

次の記事

Crayの新スパコン、XC50はシングル・キャビネット・タイプで1ペタフロップスを達成

GE Digitalは本日、クラウドベースのフィールドサービス支援事業を行うServiceMaxを9億1500万ドルで買収したことを発表した。ServiceMaxが2015年に8200万ドルを調達したシリーズFでは、同じGEグループのGE Venturesが出資に加わっていた。

おそらく、読者が思っている以上にこの2つの企業の共通点は多いだろう。GEはPredix Platformと呼ばれるプラットフォームを運営し、IoTデバイスに搭載されたセンサーから受け取った情報を活用して、顧客となる企業が各種のアプリケーションを構築できるというサービスを提供している。GEはこれまでにもIoT業界に大きく力をいれており、MRIや風力タービン、航空機エンジンなどの巨大な機械から得たデータを顧客に提供することで、顧客による機械のメンテナンスに役立てている。

実際、先日私がServiceMaxの共同創業者兼バイスプレジデントであるAnthani Krishnaprasadに取材したとき、彼はIoTデバイスに搭載されたセンサーから得た情報を企業に提供することで、企業がまったく新しいビジネスモデルを構築することができるという未来について話をしていた。その時に彼が話していたServiceMaxのビジョンによれば、病院などの医療機関は今後、MRIなどの医療機器を「購入する」代わりに、稼働時間に基づいて発生する料金を支払うようになるという。

そして、ベンダーが医療機器の稼働状況をモニターし、メンテナンスをするようになる。センサーから得たデータによって、どのパーツが故障寸前なのか、それとも定期的なメンテナンスが必要なのかということを知ることができるのだ。彼はこのサービスを「結果ベースのサービス」と呼んでいる。

「データを分析してビジネスのプロセスを変え、それによって効率的なビジネスとより良い顧客サービスを実現することで、企業は大きな成功を掴むことができるのです」とKrishnaprasadは説明する。

GEがこれまでの単に機械を販売するというビジネスモデルから、SeviceMaxのビジョンに似たビジネスモデルへと転換しつつあるということを考えれば、この2社が手を組んだことは当然の成り行きだと言えるだろう。

「この買収は、Predix Platformにまつわる一連の技術のクオリティを高め、”Industrial Internet”という私たちのビジョンを推進することを目的に実現したものです」と話すのはGE DigitalのCEOを務めるBill Ruhだ。「生産性の向上はIndustrial Internetには欠かせない要素です。そして、デジタル産業戦略を成功させるために重要となるのが、フィールドサービス支援事業のデジタル化なのです」と彼は加える。

2007年に創業のServieMaxはこれまでに2億ドルを調達している。買収金額の9億1500万ドルという数字は、同社の投資家にとっては悪くないリターンだと言えるだろう。

[原文]

(翻訳: 木村 拓哉 /Website /Facebook /Twitter