My Brick Onlineは、レゴにスマートフォンを載せて新しい楽しみのを生みだす

次の記事

ボタン1つで洗剤やキッチンペーパーを注文、Amazon Dash Buttonが日本上陸

レゴ!レゴ!レゴ! レゴが嫌いな人などいるだろか? TechCrunch Disrupt Londonのハッカソンの中でも注目を浴びたこのエントリーは、スマートフォンを利用してあの愛しのレゴブロックをもっと楽しくする。

My Bricks Onlineを使えば、子供が ― 大人も ― スマートフォンを使って作品に音楽やサウンドを加えられる。子供たちにiPadを横に置いて昔ながらのおもちゃで遊ぶ強い理由を与えよう、というアイデアだが、皮肉にもスマートフォンを利用する。

Filip DenkerとPeter Pappから成るチームは、昨年のイベントでSuonoScopeを作り、Fooropaというスタートアップを運営している。今回のデモには車を使っている。サウンドと相性がよく、作るのが簡単で、子供たちの人気者だからだ。ただしこのプロジェクトはどんなタイプのレゴでも使える、とふたりは説明している。

Pappは、メカで遊べるレゴテクニックは高価で、買える場所も限られているので、My Bricks Onlineは普通のスマートフォンを使ってもっと利用しやすくしたと話した。

このしくみを実現するために、ふたりはPubNubのAPIを使い、端末のカメラに映った色に応じてアクションの引き金を引く ― つまりサービスの色によって異なる音を出す ― HTMLページにはチームが作ったレーストラックのラップタイムが表示される。家にスマート電球があれば、IFTTTのアクションを使って点灯させることもできる。

というわけで、これはテクノロジーが古いオモチャに新たな命を吹き込むことの証だ。

  1. img_3959.jpg

  2. img_3957.jpg

  3. img_3958.jpg

  4. 147a9522.jpg

  5. 147a9521.jpg

  6. 147a9504.jpg

  7. 147a95221.jpg

  8. 147a95211.jpg

  9. 147a9519.jpg

  10. 147a9520.jpg

  11. 147a9518.jpg

  12. 147a9517.jpg

  13. 147a9514.jpg

  14. 147a9511.jpg

  15. 147a9509.jpg

  16. 147a9508.jpg

  17. 147a9506.jpg

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook