ペット

Trakzは犬猫用のFitbitでGPS追跡機能もある、食べた量から摂取カロリーもチェックできる

次の記事

Googleが機械学習のためのデータ可視化ツールEmbedding Projectorをオープンソース化

ペットを愛している私たちは、彼らの状態をいつもチェックしていたい、と思う。よく食べるか、運動不足ではないか、などなど。そこでイギリス出身のTrakzが、犬や猫の状態を常時チェックするためのテクノロジー製品を作った。

その製品とは、犬や猫の首輪に装着するGPSとフィットネス追跡デバイス、そして食べた量の分かる食器だ。

類似の製品もいくつかあり、たとえばWhistleもGPSとフィットネスをチェックする。そしてFitbarkには睡眠モニタ機能もある。

Trakzはデータをアプリにアップロードするので、留守にしているときも、ペットがちゃんと家にいることをチェックできる。家から遠いところにいたら、アプリはユーザーに通知し、友だちや家族にも警報する。

猫に関しては、一日の中でいちばん多くの時間を過ごす場所も分かるから、姿が見えないときには、どこを探せばよいかわかる。

screen-shot-2016-12-07-at-10-23-55-am

フィットネスに関しては、彼らの一日の歩いた距離が分かる。また食器は、食べた量と摂取カロリーを教えてくれる。適正量は犬や猫の体重から分かるから、過食を防止できる。

TrakzのGPS首輪は、今の予約価格が79ポンド、約100ドルだ。

今週行われたTechCrunch Disrupt LondonのStartup Alleyで、CEOのTom Butcherにインタビューした。上のビデオを、ご覧いただきたい。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))