テレビ
Molotov
フランス
動画ストリーミング

TV視聴アプリのMolotovがコンテンツをクラウドに保存できる新機能と、2330万ドルの資金調達を発表

次の記事

Alexaデバイスを誰でも気軽に開発できるためのキット(音声入力/認識の部分)をConexantが提供、数か月の開発期間が数週間に短縮

フランスを拠点とするMolotovがローンチしたのは5ヶ月前だが、プロダクトのコアとなる機能はまだ利用することができなかった。今後、Molotovのユーザーは気になるTV番組や映画をブックマークして、後から視聴することが可能になる。また、新機能のリリースに加えて同社は2330万ドルを調達したことも同時に発表している。

私はこれまでにもMolotovを紹介する記事をいくつか執筆してきたが、このプロダクトは2016年で最高のTV視聴方法だということを、もう一度述べておきたい。実際、私がApple TVを利用する際にこのアプリは無くてはならないものとなった。

フランスのユーザーからの注目を集めているMolotovだが、現在のところ同プロダクトを利用できるのはフランス国内のみとなっている。だが、それでもMolotovの事をチェックしておく価値はある。様々なスタートアップやTVネットワークがMolotovと似たサービスをそれぞれのマーケットで展開しつつあるのだ。同アプリはフランスのApp Storeから「アプリオブザイヤー」の称号を獲得し、フランスのPlay Storeでも「ベストアプリオブザイヤー」としてノミネートされたアプリの1つだ。

良く統合されたMolotovのインターフェイスでは、その時に放送中のTV番組を視聴できることはもちろん、時間を巻き戻して番組の始まりから視聴を初めたり、放送後から数日たった番組であれば、過去に放送された番組を視聴することもできる。

しかし、もしユーザーがある番組を保存しておいて、6ヶ月後に観たいと思っている場合はどうだろうか?VHSで番組を録画できた時代には、そのニーズを満たすことは簡単だった。しかし、TV番組を携帯電話やコンピューターで観るようになった現代では、それは難しい。

Molotovを利用すれば、気になる番組をブックマークしてクラウドに保存しておくことができる。この機能が各種の法律に抵触しないことを確かめるために数ヶ月もの時間を費やしたが、ついにMolotovはその新機能をリリースすることとなった。一度ブックマークした番組は、様々なデバイスを利用して後から視聴することができる ― 必要なのはログイン名とパスワードだけだ。

ただし、このブックマーク機能を禁止しているTVネットワークもある。C8, CStar, I-Téléなどを運営するCanal+や、BFM TVなどを運営するNextRadioTV、そしてArteなどがその例だ。また、TF1などが製作した番組では放送中の番組を巻き戻して視聴することはできない。MolotovがTV業界にとって急進的なプロダクトであることは間違いないだろう。

コンテンツのプロバイダーたちは今でも、自分たちで何らかのソリューションを開発し、それによって大量の視聴者を獲得できると思っている。だが、Molotovが素晴らしいのは、それぞれのTVネットワークごとに存在する12ものアプリをダウンロードする必要や、どの番組がどのネットワークで放送されている番組なのか覚えておく必要がないという点だ。Molotovを使えば、フランスで放送されている全てのコンテンツを検索することができるのだ。

同社は本日、既存投資家のIdinvest、名称非公開の新規投資家とエンジェル投資家、そしてSky(この出資はすでに発表されている)とTDFから2330万ドルを調達したことも発表している。

現在、MolotovはiPhone、iPad、Androidデバイス、macOS、Windows、Linuxに加えて、比較的新しい機種のLGとSamsung製のTVで利用することができるだけでなく、Chromecastにも対応している。基本料金は無料だが、プレミアム会員になることで追加のチャンネルを加えたり、クラウドのストレージ容量を増やすことができる。

[原文]

(翻訳: 木村 拓哉 /Website /Facebook /Twitter