検索
スタートアップ

Googleが検索結果に映画やテレビ番組の評価を含めることを実験中

次の記事

究極のクラウド化: デベロッパーのコンピューターをクラウド上から提供するSixaがシードで$3.5Mを調達

Googleがまた、ちょっとした軽いサービスを検索結果の中に直接入れることによって、既存の業界を破ろうとしている。今回は、映画格付けのRotten TomatoesやIMDbとGoogleが、検索すると映画の評価も分かる、という機能をテストしている。

GoogleがSearch Engine Landに確認しているところによると、現在この機能は単なる実験であり、現時点では何も発表することはない、ということだ。

そのほかの映画やテレビ番組の格付けプラットホームと違ってGoogleの機能は、1から5までの点数ではなく、[好き][嫌い]の二択だ。

それ自体はおもしろい機能でもないが、でもGoogleはこうやって徐々にインターネットを覆う自分の層を厚くしていくのだ。

天気予報やチケットの購入などは、個々にそれ専門のサイトがやっていた。しかし今では、Googleの検索結果のページにそれらの情報や機能がある。

映画の評価機能でも、これまでのそのほかの機能と同じく、タイトルをクリックすればオリジナルのサイト(今回はRotten TomatoesとIMDbの格付け)へ行ける。

前述のように、今は単なる実験だから、映画やテレビ番組を検索してこの機能が見られないユーザーもいるだろう。

screen-shot-2016-12-09-at-8-55-32-am

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))