hacking

ロシアによる選挙のハッキングを調べるようオバマ大統領が命令

次の記事

エドテックスタートアップが低所得層をターゲットにしなければいけない理由

ホワイトハウスの国土安全保障とテロ対策アドバイザーLisa Monacoによるとオバマ大統領は、この前の大統領選挙を誘導し、結果に影響を与えたかもしれないハッカー行為や情報リークを徹底的に調べるよう、政府の諜報部門に命じた。

Monacoはこう言った: “大統領は、CIAや国防総省など諜報活動を行う複数の政府機関を全体的に統括する国家情報長官に、2016年の選挙の過程で何が起きたのかを徹底的に調べるよう、指示した”。

民主党全国大会とHillary Clintonの選挙参謀John Podestaに対するサイバー攻撃により、一連の有害なリークが生じ、選挙期間全体を通じて、Clintonの選挙活動の足を引っ張った。彼女の対立候補Donald Trumpはそのハック説と、それをロシアのせいにすることを、冷笑した。

政府の諜報部局は、攻撃はロシアの工作員たちによるもの、と明言しているが、TrumpはTIME誌の最近号で、“彼らが選挙を妨害したとは思わない。それは笑い話であり、まともな話題ではない。あくまでもお笑いネタだ。私が何かするたびに彼らは、‘おぉ、ロシアの妨害だ’と言う。このワンパターンなロシアネタは、いいかげんにしたらどうだ”、と語っている。

Monacoによると、調査は1月のTrumpの就任式までに完了する。

しかしながら、その調査結果が公開されないこともありえる。最近、上院諜報委員会の8名の民主党議員が、ロシアのハッキングに関する情報をもっと公表しろ、とオバマに迫ったにもかかわらず、だ。

“ソースや犯行方法の公表によって今後の加害者特定努力が損なわれることがないよう、細心の注意が必要である”、とMonacoは説明している。

ロシアのサイバー侵害に関しては、共和党の上院議員たちも調査を要求している。彼らは次期大統領の、ロシア笑い話説と対立することになる。

“できるかぎりの方法を尽くしてロシアを追及したい”、と今週初めにLindsey Graham上院議員(共和党:サウスカロライナ州第三区)がCNNに語っている。“彼らは今日の世界の最大の不安定化要因の一つだ、と私は思う。彼らは、われわれの選挙も妨害したと、私は考えている。その科料(かりょう)を払うべきは、Putin個人だ”。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))