Boston Dynamicsのミニロボットと腕立て伏せ競争してみた―ジェシカ・アルバも大喜び

次の記事

VR特化型インキュベーション施設「Future Tech Hub」が茅場町にオープン

先ごろロンドンで開催されたTechCrunch DisruptのステージにはBoston Dynamicsの最新のロボット、Spot Miniが登場して大いに注目を集めたが、われわれのビデオ責任者、Tito Hamzeは本番のステージ上のインタビューの前にロボットとBoston Dynamicsのファウンダー、Marc Reibertをビデオに収めるチャンスがあった。

〔日本版〕ビデオでのReibertの説明によればこのミニ・ロボットは重量28kg、4脚でナットクラッカー(クルミ割り)と呼ばれる腕があり、バッテリー駆動時間は90分だ。Lardinois記者が腕立て伏せ競争に挑んでいるが、これでは勝てそうにない。Spot Miniはその場でスキップしたり、動きながら動画を撮影したり、器用なところを披露している。

ゲスト講演者の1人、ハリウッドスターでオネスト・カンパニーのトップ、ジェシカ・アルバがナットクラッカーにスマートフォンを保たせて動画を撮らせたようだ。1:37あたりで一瞬本人とLardinois記者のツーショットが映る。Lardinois記者がえらく張り切ったのはアルバがいたせいかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+