GMが自動運転車のテストと製造をミシガン州で開始

次の記事

トランプ政権にチーフデータオフィサーが必要な理由

GMのCEOであるMary Barraは、シボレーボルトを建設するミシガン工場で自動運転車の次世代の製造を開始する予定であることを発表した。また、デトロイト市街の公道で車両をテストする予定だと、GMは述べた。GMは既に、カリフォルニア州サンフランシスコとアリゾナ州スコッツデールの両方で、今年初めに買収したCruiseの自律システムを使って、自動運転車をテストしている。

ミシガン州でのテストは、企業や組織による公道の自動運転車のテストを拡大できる法律の法律に、州知事Rick Snyderが署名したことによって進められることになった。これにより、技術の準備が整い次第、消費者が自動運転車を購入し使用することもできるようになり、Uberや自動車メーカー自身が運営する乗車提供業者が自動運転車を利用することも可能になっている。

BarraはLinkedInの記事で、大量の雪や相当に寒い気温を含む「広範囲の道路、天候、気候条件」のことを挙げながら、ミシガン州は既存の試験都市と比較して実際の試験条件に関してさまざまなバリエーションを提供していると説明している、彼女は彼らのテストエリアが、現在彼らの車が走っている都市の 「砂漠の熱[…]から混雑した通りまで」のすべてを網羅していることにも注意を促している。9月の時点でCruiseは、SFとスコッツデールを合わせて、約30台の自動運転車を使って試験を行っていた。

ブログ記事でBarraは「安全性、利便性、生活の質」を向上させる可能性を秘めた、顧客へのメリットのために、GMは自動運転車の未来にコミットしていると述べている。Barraは、米国運輸省からの2015年の統計を引用し、交通関連の死亡者数が3万5千人を超え、そのうちの90パーセントが人的な運転者の間違いによるものであることを示した。

デトロイトで開かれた記者会見でCNBCが取材したBarraへのインタビューで、Barraは自動運転技術を開発している他の企業と比べて、GMが優位性を持っていると考える理由を説明した。

「私たちは、車を真に理解し、路上にそれを走らせ、安全で高品質な車を作り上げてきた100年の歴史を誇っています」と彼女は記者団に語った。「自動運転、電気化、接続性を考えたとき、私たちは消費者の皆さまに特別なサービスを提供できると考えています」。

Barraは、GMの自動運転システムのために100人以上がシリコンバレーで働いている一方で、ミシガン州オリオン湖の近くで来年の早い時期に稼働する予定の次世代組立施設での新しい製造のために、シリコンバレーのチームはミシガン州に本拠を置くチームと「シームレスに働いている」と述べた。オリオン工場は、GMが現在Cruise自動運転車のベースとして使用しているボルトEVを組み立てている場所だ。

「今日の仕事の世界では、場所はそれほど重要ではありません」とGMの自律的なエンジニアリング活動の分散的な性質についても、彼女は付け加えた。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)