DeepMind

Microsoftがインドで目の健康のために機械学習を活用、Google DeepMindに対抗

次の記事

Amigoはメールを減らして現実に友達と会うためのアプリ

同じ企業間競争でも、障害者の生活が少しでも良くなるための競争なら、大いに奨励したいね。Microsoft Indiaは、GoogleのDeepMindのやり方に倣って、インドにデータドリブンの視覚障害者支援サービスを導入するための研究グループ、Microsoft Intelligent Network for Eyecare(目のケアのための人工知能ネットワーク)を立ち上げた

DeepMindの眼科医学へのアプローチはイギリスがターゲットだったが、Microsoftは必ずしも対象国を限定しない。同社はアメリカ、ブラジル、オーストラリア、そしてもちろんインドの研究者たちの協力を求めながら、機械学習モデルを教育訓練し、失明の原因となる症状をシステムが同定できるようにする。

Microsoftの中心的なパートナーとなるハイデラバードのL V Prasad Eye Instituteは、インドの名門病院のひとつだ。このプロジェクトはとくに子どもに力を入れ、屈折矯正手術の結果や、子どもの近視率の変化の予測、といった意欲的な課題に取り組んでいく。

GoogleのDeepMindは、イギリスのNational Health Serviceとパートナーして目のスキャンを分析し、湿性で年齢と関連する黄斑変性や糖尿病性網膜症を検出する…これら二つは、失明に導く症状だ。それは、症状の早期発見によって早期治療を可能にし、目の損傷の重症化を防ぐ、という考え方だ。

アイケア(eyecare, 目のケア)は、これまで医学とは無縁だったような企業が、保健医療分野で機械学習のポテンシャルをテストするための、人気分野になりつつある。人間の健康状態の中でも目の状態や症状は、画像分析によくなじむからであり、それはイコール、機械学習の当面の得意分野でもある。医療診断へのコンピューターの利用は決して新しい技術ではなく、放射線画像の分析などは何年も前から行われている。しかしテクノロジー企業はこのところとくに熱心に、独自の研究開発テーマとしてこの分野に取り組んでいる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))