ミリ波ビームによる高速インターネット接続網を提供するStarry Internetが新たに$30Mを調達

次の記事

週末勉強する人は続かない―データから見えた外国語学習に成功する人の3つの特徴

今年の初めにステルス状態を脱したStarry Internetは、その後もずっと試行に終始し、そのユニークな技術をボストンの本社周辺で小規模にテストして、一部のメディアにのみ取材を許してきた。

Starryのソリューションはこれまで、多くの人が憶測をめぐらし、あるいは興奮を招(よ)んできた。それはミリ波のビームを使ってブロードバンド級の速さの無線インターネットを空中にはりめぐらし、特定ISPへの閉じ込め状態から人びとを解放しようとする。同社への関心の一部は、ファウンダーがChet Kanojiaであることにも起因している。彼のこの前のスタートアップAereoは最高裁と正面衝突して大破したが、それから間もない2015年にStarryは創業された。

SECへの提出書類によるとStarryは、最近新たに3000万ドルの資金を調達した。投資家の名前は公表されていないが、これまでの調達資金総額が6300万ドルであることは、同社自身が確認した。

今現在同社のサービスは、非常に小規模な非公開ベータだ。それは、先月の半ばに開始している。来年早々にはボストンの比較的広い範囲へ拡大し、その年の終わりまでにはテスト対象都市を増やす予定だ。

参考記事

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))