Sylvaniaの新しいスマート電球はハブ不要でHomeKitに接続

次の記事

インターネット上の取り締まり強化を続けるエジプトが暗号化メッセージアプリのSignalをブロック

1週間後には、私たちはネット接続家庭用製品の発表の波に溺れてしまうだろう。今年のCESの主要な話題はGoogle、Apple、Amazonらが繰り広げるスマートホームの戦いになることはほぼ確実である。Sylvaniaは賢明にも戦いに先んじて、自身の製品をラスベガスの乱闘のまるまる1週間前に発表した。

この老舗の電気照明ソリューションの提供者は、HomeKit接続デバイスとして独自のアプローチをとっている、Philips Hueのような競合と違って、デバイスには独自のWi-Fiが内蔵されている。このことは、多くの競合製品とは異なり、このSmart Multicolor A19はハブを必要とせずに直接ホームネットワークに接続することができる、ということを意味している。

ねじ込んで、AppleのHomeアプリに同期させれば、それでもう動作する。Home互換性はまた、異なる「シーン」に組み込むことができ、Siriを使用して電球に対し、オン、オフ、光量調整、そして色を変えるといった様々な音声コマンドを実行できるということを意味する。

A19は、来年早々にAmazonから発売される予定だ。価格についてはまだ言及されていないが、現行のAmazon Alexa対応バージョンの価格が40ドルなので、それほどかけ離れた価格にはならないだろう。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)