5G通信で変容する世界に備えよ

次の記事

SamsungがAmazon Echoと互換性のあるロボット掃除機をCESに出品、Roombaのようなスマホからのコントロールも可能

【編集部注】著者のTom Goodwin氏はZenith Mediaの技術革新担当上級副社長である。

私たちは、新しい、よりシンプルな世界の入り口にいるのかもしれない。

現代の「複雑さのピーク」から、その新しい時代は社会の変化の1歩を踏み出すのだ。それは発展途上世界に競争力を与えながら、成長のためのプラットフォームを構築する。

先月Huaweiが開催したモバイルブロードバンドイベントに参加して、私は5Gの未来がどのようなものかを垣間見た。超高速、常時接続、生活はよりシンプルになる。自動化されたインテリジェンスとセンサーを備えた環境に囲まれた、データとコラボレーションに基づく世界は、ビジネスを創造し、教育し、生活をより効率的にするためのキャンバスになる。

技術の進化は、多くの場合、真の基準ではなく想像できる基準に基づいている。

私たちはしばしば、技術が可能にする行動や事業、そして技術が変える期待よりも、技術そのものに焦点を当てている。あまりにもしばしば、新しい考え方や技術が真のパラダイムの飛躍を生み出す前に、私たちは1つのソリューションに押し込まれてしまっている。それが例えば、音楽の真の「ゲームチェンジャー」である購読ベースのストリーミングが出現する以前に、レコード、カセット、CD、MP3が登場し、その当時は妥当な手段に見えた理由なのだ。

インターネットはダイヤルアップの時代には十分過ぎるように思えた。私たちは可能ではなかったものではなく、可能だったものに驚いていた。期待されていなかったので、画像や動画がすぐに読み込まれなくても焦れることもなかった。ブロードバンドインターネットがそれを変えた。私たちがオンラインに行くのではなく、私たちオンラインだったのだ。

次の変化が訪れようとしている。それが5Gだ。

5グラム

3Gは私たちが、あらゆるもの、あらゆる場所に、迅速にアクセスできることを意味していた。自撮り、音声放送、マイクロブロギングはすべて、迅速かつ一定なデータ転送によって可能になった。2005年の時点で、世界中の特に好きでもない人がランチに何を食べたかを知らずにどのように眠りについていたかは想像が難しい。Uber、WhatsApp、Instagram、およびSeamlessなどのビジネスを可能にしたのは、この、特にGPS対応携帯電話からの、データ転送環境だった。

4Gはウェブの基本単位をビデオにした。それがSnapchat Stories、Periscope、Facebook Liveをもたらした。動画を作る力が皆の手に宿った。

クラウドファンディングや公開無料のビデオプラットフォームが、皆にグローバルなチャンスを与えた。これにより、360度のビデオと基本的なバーチャルリアリティがもたらされ、触感と没入感を感じるコンテンツへの進出がもたらされた。

4Gのより深い影響は、それが忍耐力と放置感覚を葬ったということだ。デートはTinderによる淡々としたスワイプの行為になった;ホテルの予約はHotel Tonightで希望を入れるだけでになった;そして親指で押すだけで、衣服を購入したり銀行口座にアクセスしたりできる。4Gは、シームレスで、即時で、そして摩擦のない取引を私たちに与えた。彼らは、個人的かつ豊かな感触を持つインターフェイスとインタラクションを通じて提供される。

しかし、人類はその帯域幅と同じ速度では進んでいない。まもなく、私たちは携帯電話に4Kのコンテンツを期待し、それを大きなテレビ画面に「スワイプ」(横滑りさせて映し出すこと)できることを期待するようになるだろう。この環境では、セットトップボックス、テレビチャンネル、またはデジタルビデオレコーダーはどのようなものになるのだろうか?

同様に、膨大なデータ処理システムは、インターネットが日常生活の基幹となることを意味する。濃密な個人情報はAIと組み合わせることで予測的なものとなる。IM、Google Now、Siri、Alexaを介してアクセスされるアプリのネットワークが私たちが必要とするものを予測し、私たちの欲しいものを知らせる。それはかつて私たちがそう呼んでいた「サーフ」する場所ではなく、広大で、包含的で、支援的なレイヤーなのだ。

5G記号

これに対応するために、端末メーカーは、他のサービスとパートナーシップを構築できるように、プラットフォームとデータをオープンする必要がある。私たちの携帯電話は、私たちが想像する以上に重要になってきているが、彼らはすぐに私たちの生活の中心をさらに占めるようになる。財布からセキュリティパス、ビザ、パスポートまで、私たちの携帯電話は、2000年代に約束されていたホームサーバーのような、デジタルライフサイクルの中心になる。

すべてのビジネスが、このことについて考える必要がある。Mコマース(モバイルコマース)は孤立したユースケースではなく、消費する際の主要な手段である。それは思考の転換を必要とする。私たちはメディアがどのように人びとの生活に関連しているのかに対する、私たち自身の理解をリセットしなければならない。私たちの周りにあるスクリーンは、意味を生み出すためのプラットフォームになる。5Gになれば、コネクテッドカーや真の仮想世界のような、今姿を現し始めている技術が誰にとっても当たり前のものになるだろう。

私たちは私たちに開かれている沢山の新しいチャンネルによって生み出された驚くべき機会を、どのように活用すべきかを検討する必要がある。これまで私たちはメディアチャネルを特定のデバイスに結びつけていた。しかし、これは全てがデジタル接続されクラウドに保存されている世界では意味を失い始めている。また、このことはブランドが、私たちの生活に変容をもたらす、もたらすはずである、ということも意味している。

それぞれの消費者のために、ブランドは異なる意味を届ける。ブランドは消費者に最も深く共鳴する意味を特定するために、消費者の願望と思考に深く入り込む必要がある。これらの洞察に基づくつながりは、より深い関与、信頼、そして欲求をもたらし、消費者との関係を強化するのに役立つだろう。

5Gの立ち上げ時には、デバイスを介して消費者とつながる方法や、交流方法を見つけることが、ブランド、起業家、イノベーターの主要な目的になる。 5G接続とIoTが本当に実現することは、サービス、パートナーシップ、およびビジネスを構築するためのプラットフォームを構築することである。

この旅は私たちを、モバイルがすべての世界から、新しいプラットフォームの相互接続されたウェブを介して意味のある関係を作り上げることが大切な世界へと連れていくことだろう。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)