2016年人気の高かったハードウェアスタートアップビデオを一気に紹介

次の記事

2016年モバイルアプリのトップ10はFacebookとGoogleが独占

ゴーカート、トイロボット、レーザータグなど、2016年に最も人気の高かったハードウェアスタートアップビデオを以下にまとめた:

1.Zuta LabsのMini Robotic Printer

あなたの手のひらに収まるほど十分小さいこのワイヤレスデバイスは、外出先での文書や写真の印刷を簡単にする。プリンタは紙の上を前後に行き来して、約1分でプリントを完成させる。

2.3Doodler Startの3Dペン

3Doodler Startは新しいエコプラスチック素材を採用し熱い部分を持たせないことで、工作を楽しく安全なものにする子供向け3Dプリントペンだ、

3.Navdyのヘッドアップディスプレイ


Navdyはスマートフォンからの情報を自動車用ヘッドアップディスプレイに表示する。ナビ、SMS、その他の情報を扱う。

4. VirtuixのOmniゲームパッド


Virtuixは、同じ場所に留まりながらユーザーが歩き回る感覚を、ランニングマシンのような仕掛けを使って提供することで、VRの中での移動問題に解を与えたようだ。

5. Ankiの小さなトイロボットCosmo


小さなロボットのおもちゃはまるでWall-Eの現実版だ。ゲームを一緒にプレイすることができる。また個人を識別して、時間とともに人間関係を形成するのに役立つように、顔認識機能を内蔵している。

6. LEGOのドローンキットFlybrix

子供のための自作のドローンキットのFlybrixは軽量で「墜落しても大丈夫」。小売価格は約150ドルだ。

7. Father.ioのMMOレーザータグ


Father.ioは、スマートフォンを武器として使用できるようにする、クロスプラットフォームARシューティングゲームだ(レーザータグとはレーザー光線を使った鬼ごっこのようなもの)。

8. Hoverのセルフィー撮影用ドローンPassport


HoverのPassportは小型軽量のカメラドローンだ、空中に浮かべるとあなたについてくる。

9. Actev Motorsの電気ゴーカート


年長の子供を対象としたこの電動カートは、楽しさに加えて、調整可能な速度、可動範囲の設定、衝突回避などの安全機能を兼ね備えている。

10. Replenishのスムージーマシン


スムージー向けに作られたKeurigだと考えて欲しい(Keurigは米国で有名な商用ドリンクマシン)。事前に用意したスムージーの容器をセットすれば、あとは機械がクリーニングを含めて面倒を見てくれる。

さらに人気のビデオを探している?それなら私たちのトップニュース映像をここで見ることができる。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)