Tesla、2016年の出荷台数は予測に届かず

次の記事

インソールを作っているDigitsoleから本格的なネット接続型スニーカー、靴底の各部にかかる圧力をチェックする

Teslaは2016年に約7万6230台の車両を出荷したと発表し、昨年初めに第4四半期決算報告書で設定した年間予測出荷台数の8万台には届かなかった。

不足はごくわずかであり、ウォール街の機嫌を損ねた様子はない。10月に同社は、第3四半期に利益を上げたことを報告し、年間後期に5万台程度を出荷すると言っていた。結果的にその予測はやや強気だったが、さほど大きな食い違いではない。Teslaの株価は約2%下がっている。

「当社の第4四半期出荷台数は、やや低目に出ている。これは車両が顧客の手に渡り、書類手続きが完了したものだけを数えているためだ」と同社は発表文に書いている。

そこには微妙な意味合いがある。目標は下回ったものの、Teslaはこの四半期に「新しいオートパイロット用ハードウェアへの移行」という生産上の課題があったことを指摘した。その結果四半期終盤に向けて生産量が増加した。さらに同社は、四半期末時点で6450台が配送中にあり、これはQ1の出荷台数として数えられると付け加えた。

「最終的に取り戻して生産目標を達成できたが、生産の遅れが四半期出荷台数に影響を及ぼす結果となり、中でもヨーロッパとアジアへの出荷予定が間に合わなかった。四半期末までに出荷ペースを回復し加速を試みたが、全顧客に納車することはできなかった。2750台が未納として数えられることになり、これは輸送の最終段階での遅れや、顧客が車を物理的に受け取れなかったためだ。全額支払い済みの顧客についても、Q4の納車台数には数えていない」

この会社はオートパイロット技術を世界に広めることに、極めて積極的だ。昨日(米国時間(1/2)TeslaはオートパイロットのアップデートされたソフトウェアをTeslaオーナーに配信開始した(まだ全員には届いていない)。完全自動運転車の開発競争が進む中、Teslaはこの技術をいち早く消費者の手に届け、自社製品の主要なセールスポイントにする意志を明確にしている。

Teslaは2016年第4四半期に2万5000台の出荷を目指していた。結果的に出荷台数は2万2200台で、うちModel Sが1万2700台、Model Xが9500台だった。同社によるとQ4の生産台数は2万4882台で、2016年全体では8万3922台だった。生産台数と出荷台数には差異があることに加え、同社が様々な課題に直面する中で、予測がやや強気すぎたのかもしれない。
[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook