テレビ
Bravia
tvs
4k tv

CESにたくさん出ている退屈なテレビ、しかしSonyの新型Braviaだけはおもしろい

次の記事

Toyota Research Instituteのトップによると完全な自動運転車の実現はまだまだ遠い先の話

CESにはものすごく多くのテレビが出品されているが、ぼくの関心を惹いたものは、ほとんどない。そんな中でしかし、Sonyの主力機Braviaシリーズの最新機種は、なかなかすごいようだ。

それは4KでHDRでOLEDのテレビで、SonyのA1Eシリーズと呼ばれる。エッジツーエッジ(edge-to-edge)(枠(縁)なし)で、スタンドもない。床に直接置けて、背中の脚で斜めに立つ。

テーブルの上にも置けるが、やはり床に直接立っている方がクールだ。部品や回路などはすべて、背面の脚の中にある。

エッジツーエッジのデザインだから、テレビの外縁にスピーカーがない。背後にも、ない。Sonyによると音は、Acoustic Surfaceと呼ばれる独自技術により、スクリーン自身から出る。

  1. img_2977.jpg

  2. ka_65_bty01_hero-screenfill.jpg

  3. img_2984.jpg

  4. ka_65_bty03_logo-screenfill.jpg

  5. img_28301.jpg

  6. ka_65_bty07_top-screenfill.jpg

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))