world wide web

Facebook、ビデオの途中に表示される広告をテスト中

次の記事

未来のインターネットは、非中央集権型のインターネットだ

Facebookは多くのパブリッシャーが切望していたことを始めようとしている、とRecodeが報じている:ビデオ制作者に新たな収入源が提供される。「ミッドロール」広告ユニットと呼ばれるこのしくみは、ビデオの前や後ではなく、再生途中に広告主の動画を挿入するもので、近くテストに入ると記事は伝えている。広告収益は分配され、パブリッシャーが55%を得る。

Facebookのミッドロール広告は、長さが90秒以上のビデオを20秒以上見た後ユーザーに表示される。これによってビデオが見られたかどうかの判定方法が変わる可能性が高い。現在Facebookは、ユーザーが3秒以上見たビデオをビデオビューとしてカウントしている。

そうなると、Facebookでビデオを収益化するためには長いビデオを作らなくてはならなくなる。高速でスクロールする気まぐれなニュースフィード読者を捕まえようと短いビデオを多数投入する方法は通用しない。これは偽ニュースの氾濫と戦うFacebookのメディア事業に好影響を与える要素にもなりうる。

Facebookで収益を上げようとしているビデオ制作者に質の高い内容を求めることで、バイラルな広がりだけに集中した実質を伴わないコンテンツに圧力をかける効果が期待できる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook