Appleは既にワイヤレスヘッドフォンの覇者になりつつある

次の記事

Greenpeaceがクリーンエネルギー調査でApple、Facebook、Googleを称賛

ワイヤレスヘッドフォンの過去数週間のオンライン売上に関する、新しいレポートによれば、AppleのAirPodsはその出荷の遅れにもかかわらず、素晴らしいホリディシーズンを満喫したようだ。

何億枚もの匿名化された電子レシートからデータを収集しているSlice Intelligenceのレポートでは、プロダクトのプレオーダーが開始された2016年12月13日以来、この159ドルのプロダクトが、全ワイヤレスヘッドフォオンによるオンライン売上の4分の1を占めていることが報告されている。

レポートではまたAirPodsのプレオーダーの開始日が、年間を通してヘッドフォンのオンライン売上が最大になった日だったことも報告している。それはサイバーマンデーならびにブラックフライデーをも凌ぐ売上だったのだ。この結果の主たる要因はもちろん、AirPodsの製造の遅れによって、小売店への出荷数がとても限られたものになったことと無縁ではない。

Appleは、同社のBeatsヘッドフォンの様々なワイヤレスモデルのおかげで、AirPods以前のワイヤレスヘッドフォン市場でも、大きな存在感を持っていた。Sliceのデータによれば、2015年と2016年においては、オンラインで売られたワイヤレスヘッドフォンのおよそ24パーセントがBeatsブランドのものだった。

Screen Shot 2016-08-25 at 1.53.58 PM

ヘッドフォンのBluetooth接続への移行は急速に進んでいる。Sliceはこのホリディシーズンにオンラインで購入されたヘッドフォンの75パーセント近くが、なんらかのワイヤレス接続を行うものであると述べている。

今年のCESが示していた多くのものの中で、消費者向けのハードウェアという観点からは、ワイヤレスイヤホンが来年に向けての成長段階に入ったことが明確に示された。より多くの電話機メーカーがヘッドフォンジャックを捨て去ることを企画している中で、業界が進む方向としては避けられないものだろう。AirPodsは、現在利用可能な最も洗練されたワイヤレスイヤホンソリューションであり、まだ非常に高価なほとんどの他の選択肢よりも、実際やや安いものになっている。

従来のオーディオ会社によるワイヤレスイヤホンの分野への参入はまだ行われていない、したがってこの市場での地位をAppleが維持できるかどうかは、彼らがヘッドフォンにできることすべての再発明を探りつつ、この製品カテゴリを革新していけるかどうかにかかっている。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)