ラジオ
Norway
The Guardian

批判を浴びながらノルウェーはFMラジオ放送の全廃に向かう

次の記事

Appleは既にワイヤレスヘッドフォンの覇者になりつつある

NorwayのFMラジオを終わらせる計画が、予定通り今日(米国時間1/11)発効する。これにより、この国にまだ残っていた全国放送のアナログ局が、年内にデジタルオーディオ放送に移行する。それは、自然の障害物が多すぎてその500万の人口に信号を届ける費用が高くつきすぎる小国における、節約努力の一環だ。

ノルウェー政府がこの計画を主導し、今では70%の世帯がデジタル受信機を使用しているという。しかし計画の批判者たちが指摘しているように、200万あまりのカーラジオの聴取者にはまだ、デジタル放送を受信する手立てがない。

The Guardianの報道によると、200万という大きな数字(全人口の40%近く)が厄介なのは、みんなラジオで道路情報などを聴くからである。冬の吹雪のときなど、その重要性は高い。でも、中長距離の送信機はもう、どれも停止している。

“Norwayは準備ができていない”、とノルウェーのローカルラジオ協会の代表がBBCに述べている。“家庭やコテージ、ボートなどの何百万ものラジオがもはや使えず、デジタルラジオ用のアダプターのある車は約25%にすぎない”。

政府の費用節約は聴取者を犠牲にし、170ドルもするアダプターや、もっと高いデジタルラジオ受信器の購入を強制する。全国局は年内にFMが完全になくなるが、ローカル局には5年の猶予がある。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))