watch
romain jerome

このスイス製ドンキーコング ウォッチは1万6500ドル也

次の記事

プリント後に形を変えることのできる3Dプリント素材をMITの化学者たちが発明

ロマン・ジェロームという時計会牡を知っている人なら、ここが何にでも迎合する会社だとおわかりだろう。このブランドは、かつて月の石やタイタニック号の残骸から奇妙な時計を作ったことで知られているほか、昔懐しいビデオゲームウォッチのシリーズもあり、価格は異常に高いが魅力的でもある。最新作はドンキーコング・ウォッチで、サルと水道工のマリオが栄えあるピクセル画像姿であしらわれている。

時計は手作りでロマン・ジェロームのカスタム版ムーブメントを塔載している。ケースは46 mmで3D文字盤には小さなフィギュアたちの並ぶ面が、見やすいように黒い背景の上に置かれている。

この製品は今週スイスで行われるSIHHショウで披露される。RJはこれまでにも、マリオブラザーズ、ポケモン、スペース・インベーダーウォッチ等を作っており、多くのお金と多くの厭世観を持つ一部のゲームおたく向けに販売してきた。

捕われの身のポリーンを救うにはいくらかかるのか? 1万6500ドルだ。だから友よ、時計ショップに行く前に株を現金化しておくことだ。

【日本語版注:2017年1月18日から31日まで、名古屋栄三越でロマン・ジェローム フェアが開催される。ドンキーコング・ウォッチが出展されるかどうかは不明】

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook