Googleドライブ、一部でダウン中

次の記事

どんなに複雑で特異な予約システムでも短時間で簡単に実装できると豪語するTimekitがシード資金を獲得

Googleドライブに問題が発生している。太平洋時間で今日の午前8時〔日本時間で午前1時〕ごろからGoogleのオンライン・ストレージと生産性ツールのプラットフォームが不調となった(Gmailは正常に稼働)。アメリカではかなりの数のユーザーが問題を訴えている。影響を受けたユーザーの場合、コンテンツが表示されず、ビーチボールのようなアイコンがいつまでも回り続けている

GoogleドライブはGoogleのコア・サービスなので影響は甚大だ。Google KeepやGoogle Classroomのようなサービスもダウンしている。

Twitterには大量のレポートがアップされている。われわれTechCrunchでも(居住場所によって)ライターが影響を受けている。 Google自身も問題を確認した 。できるかぎり速やかに詳細を発表するという。

アップデート:午前10時〔日本時間午前3時〕にGoogleが発表したところでは、Googleドライブ問題はアクティブ・ユーザーの10.3%に影響しているという。Googleでは引き続き問題を調査中。

アップデート:午前11時〔日本時間午前4時〕、Googleによればエラー発生率は減少中。

影響を受けているユーザーは(あるいは受けていないユーザーも)この記事のコメント欄で報告していただきたい。

〔日本版〕訳者の環境ではGoogleドライブは正常。こちらの動作レポートページによると、日本時間午前5時現在エラーは急速に減少している。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+