ロジスティクス
Prime Air

Amazon、15億ドルを投じて航空貨物ハブ建設へ

次の記事

任天堂Switchのオンライン・プレイは年額2000円台半ばのもよう

Amazonは社内に世界最大級のロジスティクス・システムを持っている。このことにさらに証拠が必要なら、Amazonが新しい航空貨物基地の建設のために15億ドルを投資する事実をを指摘すればよいだろう。新しい航空貨物ハブはケンタッキーの州境に近いシンシナティの郊外に建設され、最終的に2000人の職を作り出すものとWall Street Journalが報じた。

次第に拡大して現在40機にもなっているAmazonの貨物機に基地を提供するのがこのプロジェクトの目的だ。Amazonは専用の塗装を施された貨物ジェットの披露にあたってリース元がAmazon Prime Airという子会社であることを明らかにした。リテール・ビジネスにおけるAmazonのシェアが拡大するにつれ運輸のニーズも増大している。Amazonの航空貨物能力の拡充はロジスティクスの面で同社の大きな助けとなることが期待されている。しかしこれは同時に現在物流でAmazonのパートナーとなっているFedExやUPSにとって脅威となり得る状況だ。

Amazonはこれまだ長い間、他の運送事業者と競合する分野に進出することはないという方針を掲げてきた。しかしAmazonは海上運送事業ではすでに港湾荷役から通関業務まで取り扱うフォワーダー〔乙仲〕の資格を取得している。これはFedExやUPSが提供しているサービスだ。WSJによれば、Amazonは自社の通販ビジネスの物流だけでなく、他社や消費者に対する物流サービスの提供事業にも進出する準備を進めているという。これは現在の物流パートナーと直接に衝突するコースだ。

そういう事態になれば影響するところは巨大だ。しかしAmazonはサードパーティーの運輸事業者と提携しているものの、クリスマス商戦などの繁忙期に需要をさばくための能力の不足に苦しんできた。そこで独自の物流システムが構築によるロジスティクス能力の拡大はそれ自身で十分追求に値する目的だ。運送事業に進出するかどうかは将来の課題となる。

〔日本版〕WSJの記事によればAmazonがハブを置くのはシンシナティ市街の南に位置するCincinnati/Northern Kentucky International Airport(CVG)だという。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+